自由って大変??

2016/03/11 ブログ ブログ ブログ
ロゴ

4月から最年長組になる長男(5歳)は親からは何も言われていないのにお片づけやお手伝い、自分で出来る事は徹底して自分でやろうとしています。逆に手間のかかる失敗をよくしてくれますが(^^ゞちょっと嬉しくもあり、寂しくもあり・・・・・それに対して次男(3歳)、コイツはいつも超マイペース。

 

とうちゃん「自分でする?」

次男「いやや~できひんの~」

 

何かあればすぐに「父ちゃん大好き~」「抱っこ~」といつまでたっても超甘えん坊の人任せ(^^♪世渡りが上手そうです(笑)
******************************************************

ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>
「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

今日もさし障りのないネタでアメブロからの読者さんは物足りないかと思いますが、大人の事情ということでご勘弁を<m(__)m>(笑)

 

前回のブログでも書きましたが、このブログ、ワードプレスはいろいろと書くことに制約があります。絶対に守らないといけないわけではありませんが、好き放題書くとホームページの評価が下がると(^^ゞなので今、自由を失ってもがいております(笑)僕はブログを書くのって結構早いみたいなんですが、今、めっちゃ時間がかかってます(^^ゞ

 

そういや、以前、「youtube」へ定期的に動画を配信しよう!って先輩治療家(今は治療家をやめて経営者?をやっています。)と始めたんですが、たった数分の挨拶動画を撮影するためにキッチリと台本を作ってやりました。2人そろって縛られるとダメなタイプでグダグダもグダグダ。自分達で見ても酷すぎました(笑)何度撮り直してもダメなモンはダメで「○分ってだけ決めて自由に喋ろう。」って撮ったら一発OKに(笑)それもすぐに飽きてやめちゃいましたが。キッチリやることを決めとかないとダメな人もいるし、僕らのように行き当たりばったりの自由な方がいい人もいます。同じ様な教育を受けているはずなのに個性があっておもしろいですよね。

 

縛りって守ってくれるモノでもあるので、社会生活をしていく中で全くないのも困りますが、縛られ過ぎると窮屈なんですよね。でも、窮屈が当たり前過ぎると窮屈なのに気付かない。ぬるま湯に浸かったカエル的な?(^^ゞ僕なんかもまだまだ「先入観」や「固定概念」、「欲」にまみれてますが、「自由」になろうといろいろ勉強しています。ウチに来て頂ける患者さんや治療家さんたちを見てていつも思うのは「もっと自由に考えたらいいのに。」って事です。そうは言うものの僕もこう言った考えを持ち始めたのはこの数年レベルなんで偉そうには言えませんが、そんな僕から見ても「窮屈そうだな~」って人がとても多い。本人は「そんなことない!」って思ってるみたいなのがもったいない(^^ゞ

 

自分がいかに硬く、窮屈な生き方をしているのかって気づくだけでもだいぶ楽になるし、「自分の人生を生きる」というか「自分の道を行ける」ような気がするんです。認めたくない人って気持ちもわかるんですけどね~。自由って「責任がある」というプレッシャーに縛られないくらい自由になれたらいいっすね~

 

「世の中そんなに甘くない!」と思うのか、「そんな生き方もいいね~」と思うのかは「自由」です(^o^)/

 

そんなフレキシブルな人生を手に入れるセミナーがこちら(笑)あぁ、なんてウサンくさい宣伝(笑)

スキンドライブ基礎セミナー

http://skin-drive.com/seminar.html