メンテナンスは必要か?!

2016/04/13 ブログ ブログ ブログ
ロゴ

向かいの工事が激しくて
こっちのマンションが揺れてる・・・(^_^;)
******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>
「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

久しぶりの患者さんから
ちょいちょい言われること。

「ずっと調子良かったんやけど、長い間来てないせいか、最近ちょっと調子を崩し気味・・・」

地球上に生きている限りは
いつも重力に逆らってるし
仕事や子育てで身体に負担を
かけない日はない・・・
だから、メンテナンスをしてないと
悪くなって当たり前・・・・
と思いこんでません?

この業界で
よく言われるのがコレ。

「車でも長く乗ろうと思ったら壊れていなくても定期的なメンテナンスが必要でしょう?だから人間もメンテナンスが必要なんです。」

いや、待てと(笑)
車と人間を一緒にしてくれるなと(笑)
まぁ、確かに共通する部分も
ありますし、全部が全部
おかしいわけでもなく、
むしろ正論だってところも
ありますが、車は擦り傷を
放っておいたら治りません。
人は何かしらの疾患や
よっぽどの理由がなければ
ほっときゃ治ります。

生物には「自然治癒力」って
超便利で超都合の良い力が
備わっています。
余計な事さえしなけりゃ
基本的にはほっときゃ治る。
(施術しないと良くならないモノもあります。)

だいたいは無理のない身体の使い方が

出来てりゃ勝手に良くなります。

 

で、さらに生物って
バイオリズムがありますよね。
どんだけ自然に生きていても
調子の良い時もありゃ
悪い時もある。
調子の悪い時に
「デトックス~」って
喜んでるドエムな方も
よく見受けられますが、
ただの体調不良ですよね。
調子が悪いのをポジティブに
捉えられるなんて(笑)
僕はしんどいの嫌(笑)

そうそう、調子の悪い時も
ちゃんと自然治癒力が働きゃ
勝手に良くなるんですよ。
そこに「余計な」思考を
入れちゃうからややこしく
なるんです。

なので、冒頭のような台詞を
患者さんに言われたら

「しばらく来ないと悪くなると思ってません?」

って聞いてます。
しばらく来ないと悪くなると
思ってるから悪くなるんです。
そう思っていなかったら
それでOK。
メンテナンスが必要です。
そう思ってる節が
あるなら考えを改めた方が
良いです。もったいない。
自分で不調を
生み出さなくてもいいでしょ。

そういうのを越えて
患者さんご自身がどうにも
出来んものをなんとかするのが
僕らの仕事だと思ってます。
ご自分でなんとか出来るもんは
なんとかした方がいい。
んで、そういうのを
お伝えするのも仕事。

昨夜も僕の思いを
受け取って下さった患者さんが
言ってくれました。
スッカリよくなって
ちょいちょい患者さんを
紹介して頂く時に
ついて来て下さるんです。

「ココに来たいねんけど、調子良くて来られへんから誰かを連れて来る時に一緒に来るねん。」
って(笑)

たまに調子の悪い時が
あるみたいなんですが、
僕にメールをしたり、
ブログを読んだりすると
「あ、そっか。」で
良くなるらしいです。
商売あがったり(笑)

「調子がいい」という
アンカーをビシーっと
打ち込んどけば、
「僕とコンタクトを取る」
というトリガー(引き金)を
引くことで本当に
良くなっちゃう。
商売あがったり(笑)
そのうち僕にコンタクトとるのも
忘れるんでしょうね。
寂しいぃ(>_<)

ということで、
商売あがったりなんで
みなさん、ウチに来て下さい(笑)
よろしくお願いします。

↓こちらにも来て下さい<m(__)m>

悪いようにはしませんので(笑)

http://skin-drive.com/seminar.html