続・心意気の話【堺の整体】

2021/10/12 ブログ ブログ ブログ
ロゴ

シレッと書いたブログ、

 

 

「心意気♪」

 

 

が、思いのほか評判良くて

 

 

だいぶ歳上の方からも

 

 

20代の方からも素敵な

 

 

ご感想をいただきましたm(_ _)m

 

 

「大畑先生はやっぱりあんな感じのブログですよ!」

「続きをお願いします!」

 

 

と言われたり、頼まれたので

 

 

 

期待を裏切らない男が

 

 

まんまと乗せられて

 

 

「それ、整体と関係ないよね?集客には繋がらないよね?」

「誰に向けて書いてるの?」

 

 

と思われていることを百も承知で

 

 

今日も行きます(笑)

♯俺流

♯そんなタイプでもないけど

********************************

ウチには20代、30代、40代の

 

 

スクール生さんがいるんですけど、

 

 

セミナーをやっていた時とは

 

 

伝える内容が全く違うんです。

 

 

講師と受講生ってより

 

 

師弟に近いのかもしれません。

(師弟ってほどの距離感ではないかもしれないけど・・・ピッタリな表現が思い浮かばない^^;)

 

 

時には僕のマインド的なことを

 

 

お伝えすることもあって

 

 

「大きなお世話よな〜。若い子はこんなん言われたらウザいやろうな〜。暑苦しいやろうな〜」

 

 

と思いながらけっこうな熱量で

 

 

先輩風を吹かせ、偉そうにしています。

♯歳上の人もいるけど、おかまいなしw

 

 

で、先日のブログを読んでから

 

 

「心意気って具体的にどう思ってるの?」

「スクールでは技術以外何を教えているの?」

「ウチのスタッフにも伝いたいので教えて欲しい」

 

 

というリクエストがあったので

 

 

そのスクール生さんたちに

 

 

お伝えしている施術方法以外の

 

 

部分を軽くm(_ _)m

********************************

【懇親会・飲み会編】

 

①1000円札と小銭を用意しときや〜

 

お会計の時にごちゃごちゃするやつ、

 

 

あれ、好きじゃない^^;

 

 

「誰が払った、誰がまだ払ってない、万札しかない、お釣りありますか?」

「○○さん、多く払ってない?大丈夫?」

 

 

みたいな。

 

 

幹事に優しくない。

 

 

全員がお釣りのないように

 

 

準備していたら起きない問題。

 

 

時間の無駄もなくなる。

 

 

その分、楽しい会話ができる。

 

 

ただ、「人にそれをやれ」とは

 

 

1ミリも思わなくて

 

 

幹事のストレスを僕の行動一つで

 

 

減らせるのなら喜んでやる♪

 

 

というスタイル。

 

 

でも、それなりの年になった

 

 

僕がそれをすると周りに

 

 

気を遣わせるということに

 

 

気づいたのでここ数年はわざと

 

 

やってません。

 

 

でも、若い頃はいつも

 

 

懇親会などに参加することが

 

 

分かってたら

 

 

1000円札と小銭を大量に用意して

 

 

「万札しかないねん。」

 

 

という先輩方の両替をしておりました。

 

 

 

②率先して雑用をやった方がええよ〜

 

例えば、セミナーの懇親会だと

 

 

お会計は講師の先生がお金を集めて

 

 

やることが多いですよね。

 

 

でも、観察していたらやっぱり

 

 

「出来る人」

 

 

は違う。

 

 

講師の先生がそれをやろうとしたら

 

 

「自分がやります!!先生、座っといてください!!」

 

 

ってやってはります。

 

 

僕が講師をやった時なんかでも

 

 

僕がこの業界に入った時には

 

 

すでにセミナー講師をされていて

 

 

DVDを出されているような先生が

 

 

それをやってくれました。

♯なんでそんなすげぇ有名な先生が僕のセミナーに出てるんだよw

♯逆に恐縮すぎて座ってられんかったわw

♯お会計終わるまで正座してたw

♯でも、こんなことが自然にできる大人かっこいい〜と思いましたm(_ _)m

 

 

③後輩・彼女には少々カッコをつけた方がいいぞ〜

④先輩にはほどよく甘えた方がいいぞ〜

 

 

もう何人の人から相談されたか

 

 

分かりませんが、基本的に無料で

 

 

聞いています。

 

 

施術に関しては仕事としてやるので

 

 

お代を頂きますが、

 

 

相談にきてくれた同業者の後輩は

 

 

ご飯に誘っておごります。

 

 

施術代より高くつくことも(笑)

 

 

あ、施術を受けてない人は

 

 

相談を受けて奢ってます(笑)

 

 

そういえば、

 

 

自分のセミナーはお昼ご飯代を

 

 

出してましたね(^^)v

 

 

なんか、せっかくのご縁やし

 

 

「僕のセミナーを受けてくれた人は仲間なのか、同志なのか、ファミリーなのか、よくわからんけど、身内!」

 

 

って意識があって。

 

 

少しでも遠慮させない言い訳として

 

 

「僕のセミナー代は最初からランチ代込みなんす。」

 

 

と言っていました。

 

 

復習できてくれている人なんて

 

 

無料だから

 

 

ランチを奢ってもらって

 

 

1日セミナーを受けているという

 

 

不思議な状態でした(笑)

 

 

「新規の人におごって既存の人に奢らない」

 

 

ってのはダサいと思ったので(笑)

♯器の大きさアピール

♯僕がこうしたら気持ちいいって自己満で正しいとは思ってません

♯他の先生と比べないでね

 

 

そういうのも、

 

 

カッコをつけて言うと

 

 

「これを機会に変われるぞ。信じてるぞ。」

 

 

ってメッセージです。

 

 

客観的に見ていて

 

 

「奢ってもらってラッキー」

「なんかご馳走様で〜す」

 

 

みたいな人は見事に変わってません^^;

 

 

逆にその都度メッセージを

 

 

受け取ってくれた人は数年経って

 

 

別人になってます。

♯僕はそれが嬉しい♪

♯後輩であっても彼女であっても信じた人ならその思いは通じるぞ♪

♯自分の趣味を抑えてまで後輩や彼女に奢るってカッコええやん

♯ここは少々無理してでも男気見せよーぜ

♯潰れるほど無理しちゃダメよ?

♯これを嫁さんが読んで文句言ってきたら「ここはカッコつけさせてくれ!」とお願いします(笑)

♯言うてくるような人ではないけど(笑)

 

 

 

逆に奢ってもらう時も同じで

 

 

いろんなお話をして頂いて

 

 

さらには奢ってもらうなんて

 

 

これ以上有難い話はないわけで

 

 

もうめちゃくちゃ感謝の気持ちを

 

 

伝えるのに言葉だけじゃなくて

 

 

行動でしめします。

 

 

僕の場合ですが、

 

 

変に遠慮したり、

 

 

過剰にお礼を言ってくれたりよりも

 

 

素直に

 

 

「あざーす!!」

 

 

と奢られた後に、

 

 

「あれからこう変わりました!」

 

 

って言ってくれた方が

 

 

5億倍嬉しい。

 

 

で、

 

 

奢ってもらった時の僕の行動は

 

 

シンプルで

 

 

「自分にできる何かで返す。」

 

 

です。

 

 

僕だとブログやSNSで発信したり、

 

 

リアルの知り合いにも

 

 

紹介し倒します。

 

 

素晴らしい人やモノを

 

 

広めるのはそもそも世のため

 

 

人のためになる。

 

 

先生も嬉しい、消費者も嬉しい、

 

 

僕もそこに関われて嬉しい。

 

 

あとは、自分が変わった姿を

 

 

見せる。

 

 

これ、超重要かも(o^^o)

 

 

時には気に入らないことを

 

 

言われることもあるけど、

 

 

自分が言われたくないことって

 

 

自分の心の中で

 

 

引っかかる部分があるから。

 

 

 

いつだったか

 

 

精神的におかしくなった人から

 

 

詐欺師扱いされたんですね^^;

 

 

7年くらい前にブログで

 

 

バズった時も、同級生から

 

 

「大畑は詐欺を働いている」

「あいつ、変な宗教に洗脳されたらしいな」

「だいぶ気持ち悪い人たちと絡んでる」

 

 

って散々言われたんです(笑)

 

 

でも、僕にはそのつもりが

 

 

1ミリもないので腹も立たないし、

 

 

「そう思うんやな〜」

 

 

で終わりでした。

 

 

 

でも、若い頃

 

 

「生半可口が立つから論破できるでしょ?それで気持ちよくなってんじゃないの?」

 

「あんた、そこら辺の人より頭ええから人のことを上から見てるでしょ」

 

「教祖でもなれそうなくらい口が上手やけど、人のことちょろいと思ってない?」

 

 

って言われた時は

 

 

腹が立ったんですよね^^;

 

 

論破して気持ちよくなってるんです(笑)

 

 

上から見とったんです(笑)

 

 

 

ちょろいと思ってた・・・かも(笑)

 

 

 

だから、嫌な気持ちになった^^;

 

 

自分のダメなところを指摘されて

 

 

「は?」

「しらねぇよ」

「こいつとは意見があわねぇ」

 

 

 

ってのは本当に合わないのか

 

 

自分が見たくない現実なのかの

 

 

どちらかです。

 

 

僕の場合は後者がけっこうあったな(笑)

 

 

そういう指摘してくれる人と

 

 

縁を切るのは簡単。

 

 

無理して付き合う方が

 

 

お互いストレスやから

 

 

今はそれでオッケー(^^)v

 

 

突き放して我が道を行く!

 

 

ってタイミングも必要だと

 

 

思いますm(_ _)m

♯そればっかりやってだいぶ痛い目みたよ(笑)

 

 

でも、

 

 

成長するためには

 

 

「知らないことを知る。」

「受け入れ難いことを受け入れる。」

 

 

ってことも必要なのかなと。

 

 

頭の片隅にこんな視点も

 

 

あったら嫌なことを指摘されても

 

 

そんな自分も認められて

 

 

楽になるかもよ?

 

 

と思います(o^^o)

 

 

 

だいぶ長くなったので

 

 

今日はここまで(o^^o)

 

 

僕らより上の世代は

 

 

「言わなくても分かれよ」

「こんなのは教わるんじゃなくて感じて自ら気づき、やるもんだ」

「教えてください・・・じゃねぇよ。」

「気を配ったら気づくだろ。」

 

 

て感じだと思います。

 

 

でも、若い人たちの

 

 

「教わってないのでできません。」

「習ってないので教えてください。」

「分かりやすい言葉にして言ってください。」

 

 

って気持ちも分かる。

 

 

なので、僕らの世代が

 

 

お節介するのもありなのかも

 

 

しれません(^^)v

 

 

知らんけど(笑)

 

********************************

公式LINE始めました♪

お問い合わせ・ご相談・ご予約はこちらからでも(o^^o)

https://lin.ee/jQ07EoN

ホームページ

iyasaka-shinkyu.com/