堺で目にも意外と詳しい整体 スマホが悪い??

2020/05/28 ブログ ブログ ブログ
ロゴ

いつも同じ方の指が痛い、手首が痛い、肘が痛い、肩が痛い、首が痛い・・・・

 

 

明らかな原因がなければ、もしかしたらスマホが原因の一つかもしれませんm(_ _)mあ、本当はスマホが悪いんじゃなくて力んで持ったり、使い過ぎる人間が原因なんですが(笑)

 

 

見ていると、なかなか治らない四十肩、五十肩なんぞもスマホの使いすぎ、持ち過ぎによることがちょこちょこあるっぽいです。

 

 

スマホなんてパッと持つくらいならそんな重量感ありませんが、ず〜っと持ち続けているとそれなりに疲れます(>_<)ほとんどの人が持ちやすい手、角度、操作の仕方があり、同じところばっかり使っている可能性が高いですm(_ _)m

 

 

情報収集、ゲーム、漫画、読書、連絡・・・その他もろもろかなりのことが出来るスマホはもう便利すぎて僕なんて完全に依存症です(笑)普通に子どもに話しかけられてもそれが鬱陶しいと思う時もあるくらい依存症です^^;もうね、自分でも異常だと思います^^;

 

 

今見ている画面と子ども、どっちが大事やねんと^^;話かけんなオーラを出してもバンバン絡んできますからね(笑)うちの場合、長男はそれを感じて空気を読むけど、次男はお構いなしなので(๑´ㅂ`๑)

 

 

で、スマホを見ないなんてことは無理だと思うので少しでもマシになるようなご提案をm(_ _)m

 

 

1.気がつけば持ちやすい方と逆の手で持つ。

2.スマホスタンド、スマホリングを使って立てかけて使う。

3.画面を朝でも昼でもダークモードにする。

 

 

まず1つ目

気がつけば持ちやすい方と逆の手で持つ。

 

 

僕の場合、基本スマホは左で持つんですけど、気がつけば右で持つようにしています。僕は一応これでも施術家なのでスマホを操作するくらいの作業であれば割と右手でも左手でも大差なく使えます(^^)v

 

 

これだけでかなり同じ腕にかかる負担をかなり軽減できると思います。

 

 

2つ目

スマホスタンド、スマホリングを使って立てかけて使う。

 

 

そもそも持たずに操作できるので楽ちん♪

 

 

この2つは「常に!」ってわけにもいかないと思いますが、100%同じ方でばっかり持っていたのを気がついたときだけ(20%だけ)でも違う方で持つと負担は軽くなりますから♪毎日だとかなり変わってくると思います。慣れてきたらどっちでも操作できますし、その方が何かと便利です(^^)v

 

 

んで、3つ目の

画面を朝でも昼でもダークモードにする。

 

 

昨年の春くらいからやってるんですけど、目に掛かる負担がかなり変わる気がしますm(_ _)mそれまでも明るさ設定でだいぶ暗めにしていたので友達にスマホを覗かれると「なんでそんな暗いん?」って聞かれるくらいしたが、外観モードの「ダーク」を選んでからはより一層目が楽な気がします(o^^o)

 

 

中学生の時、眼科の先生から「君は生まれつき目が弱いから色々気をつけなさい」と言われて「何を気をつけんねん」って思ってましたが、ここへきてあの助言が役に立っております(笑)

 

 

小学校低学年の頃は視力1.5あったのにドンドン悪くなって、中二くらいで0.04くらいになり、角膜が非常に薄く、「いつ網膜剥離になっても不思議じゃないからこれから生きてる限りずっと月に一回検査。」と言われて毎月「瞳を開く目薬」をされて網膜剥離の検査を何年もしていたほど弱いんです^^;

 

 

 

そんな僕が「マシな気がする。」んだからマシだと思います(笑)ブルーライトが目にあーだこーだってのは科学的になんの根拠もないそうですが・・・・体感的に楽なもんは楽(๑´ㅂ`๑)ブルーライト云々じゃなくて普通に明るいもん見てたら疲れるだけなんじゃないかと思ってます(^^)v知らんけど(笑)

 

 

 

操作としては、iPhoneの場合だと「設定」→「画面表示と明るさ」→外観モードで「ダーク」を選択。「せっかくの綺麗な画面を何考えてんねん!」って人にはオススメしません(笑)夜中とか明け方に目が覚めてスマホを見るときに明るくてしんどい場合なんかは「Night Shift」って機能があるので毎日何時〜何時までは画面を暗くするって設定するのもあり(^^)v明るさもかなり落としておくと普段から目に掛かる負担はかなり軽減されますm(_ _)mAndroidの方は機種によって違うんでしょうか?分からないのでお調べくださいm(_ _)m

 

 

 

 

公式LINE始めました♪

お問い合わせ・ご相談・ご予約はこちらからでも(o^^o)

https://lin.ee/jQ07EoN

ホームページ

iyasaka-shinkyu.com/