こんな考え方もどうでしょ?

2019/08/30 ブログ ブログ ブログ
ロゴ

長男(小3)が突然抱きついてきました(^^)/

 

 

長男「とうちゃん、カッコいい!!」

 

とうちゃん「おう、どこがカッコいいの?」

 

長男「いっぱいあるけど~」

 

とうちゃん「何が一番?」

 

長男「髪型!!・・・・・とパワー!!!」

 

 

あそ(笑)

 

髪型なんて美容師さんの腕やし、パワーなんてまだ君らよりデカいだけやからな(・´з`・)

*****************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

 

ウチでは、来てくださった患者さんが良くなれば「なんでもオッケー」というスタイルです(^^♪開業当初からそれを言っていましたが、いろいろ勉強していく中で「あれはダメ」「これはダメ」というのが出てきました(^^;)

 

 

「あそこに行って悪くなりました。」

「〇〇〇という治療法を受けて痺れがでました。」

「〇〇〇ヒーリングと言うのを受けてから余計精神的に辛くなりました。」

「ナンチャラブロックを外すって言われたんですが、それを受けたらつらい過去を思い出してもっと辛くなりました。」

 

 

こんなのを聞くと「それはね・・・・」と、どうしても理由も含めて本当のことを言って否定したくなっちゃいます(^^;)

 

 

ただ、いろんな人と話してて感じるのが、「別にみんながみんな本当のことを求めているわけではない。」んですよね(^^;)

 

 

「あなたを良くするために本当のことを教えます!!」

 

 

ってのもこちらの自我というかワガママというか、押し付けというか(笑)

 

 

ま~、普通に考えて自分の今やっていることや過去にでも信じたことを否定されるのは気分のいいモノではありません。「あれは間違いだったな。」って分かってる人には一緒になって悪口言って笑ってりゃいいですけど、まだどこかで「信じたい。」と思ってる人に本当のことをグサグサ言っちゃうのはこちらのエゴだなというのを思ったりするわけですm(__)m

 

 

そんなこんなで「なんでもいい」んだから「なんでもええやん」って当たり前のことが少し分かってきたかな~なんて思います。

 

 

みんながみんな正解を求めてないし、一直線にゴールへ向かうことを求めているとも限らない。

 

 

患者さんの中にも「私、治したいと思ってないのかも。」「不幸なままでも生きていけたらいいんです。」って話してくださる方もいます。本人さんがそれでいいんだからそれでいいんですm(__)m

 

 

今はそれでオッケー(^^♪

 

 

そんな人でも話をしていると気分が変わることが多々あります(^^)/自分の知らない世界を見る、感じることで「あ、そっちの方がいいかも?」って思ってくれたらそっち方面に導くお手伝いをさせて頂けたらなと(^^♪

 

 

無理矢理グっと引っ張ってほしそうな人は引っ張りますし、自然に放っておいてほしそうな人は自然にして、いつの間にかこっち来てるようなイメージ(^^♪

 

 

5年ほど前でしょうか?スキンドライブシステムの創始者がふざけながらも放ったかっちょいいセリフの一つをご紹介。

 

 

何年も前ですけど、「その通りや!!」と思ったのでLINEでもらったのをメモに残してあります。なので一言一句そのまま・・・と思ったけど、ブログにしちゃマズい内容もあるので

要約します(笑)

 

 

「自分も平気で批判する人間ですから( ̄▽ ̄)(笑)ただ、批判するのは、何故それが良くないのかというのを、信じている人以上に詳しく調べてからっすね( ̄▽ ̄)」

 

 

僕も平気で批判する人間ですが、最近はその批判する対象に興味がなくなってきたというかなんというか・・・(笑)

 

 

例えば枕やコルセット、インソール・・・・

 

 

「そんなモンしてるから身体がなまくらになるんですよ。」

 

 

って言っていたのが、今は

 

 

「それで調子良かったら使ったらいいっす(^^♪僕でいうメガネみたいなもんで、ず~っと使って不都合なかったらどうぞ♪」

 

 

って感じ。

 

 

せっかく高いお金出して気に入ってるものなら使えばええやん?って感じ(^^)/不都合が出たら改善するためのアドバイスを・・・って感じ(^^)/買うのを迷ってるならなくても「こうできるよ?」って提案(^^)/

 

 

スキンドライブは学べば学ぶほど「これ一本でいいやん・・・他いらんやん・・・・」ってなります。

 

 

その結果、迷っちゃう方がいるのも事実。

 

 

いやいや、今までやってきたことも全部ひっくるめてオッケーなんだから(^^♪

 

 

僕のイメージはスキンドライブは高-------------い下駄を履かせてもらうような感じ(^^)/値段じゃないですよ(笑)

 

 

今やってる治療法・その他の方法論がスキンドライブを学ぶことでボン!っとレベルアップするイメージ。

 

 

決して今までやってきたことを否定する必要はありませんm(__)m迷わなくてもオッケーm(__)m

 

 

確かに、変に突き詰めていくと脳がバグってしまうものもあります。なぜそれがマズいのかもちゃんとセミナーで教えてくれるじゃないですか(^^♪そこだけ気を付ければ良いと思いますm(__)m

 

 

手技でも道具でも「そんなもんなくてもここまで出来ますよ。」って言われたからって手技や道具・思想が否定されたわけじゃないですからね(^^♪

 

 

ちなみに僕はCS60という治療器を導入しましたが、なくても全然施術は出来ます。昨日も患者さんから「全部先生の手でやってもらった方が・・・・」って言われました(笑)そんな患者さんもいます。←あ、遠慮なく言うてくださいね(^^)/施術に関しては自分のやりやすいモノ・気に入ったものがメインにはなりますけど、だからといって「コレが最強!!」ってのは特にないので出来るモノならなんでも機嫌よくやらせて頂きます(笑)

 

 

CS60はあった方が良い場合もあります。むしろ、なかったらちょっと厳しかっただろうな・・・と思う事もあります。

 

 

逆に、CS60で教わった通りにやっても全く改善しないから勝手にやり方を変えて工夫したり、「手の方が早いな・・・」ってこともあります。

 

 

両方あるので僕は気に入って使わせてもらっていますm(__)m周りから「どうせすぐ飽きる」「もって1ヶ月ちゃう?」と笑われていましたが、使い始めて3か月弱・・・・しばらく手放すつもりはありませんm(__)m来月には飽きてるかもしれないけど(笑)

 

 

さっきの言い方をすると、僕的にスキンドライブとCS60という下駄を二重に履いてる感じ(笑)

 

 

高いところに手をやるには便利やけど、自分の足元をどうこうしようと思ったら高すぎると邪魔なので一個どっちか脱ぐ(笑)なんなら素足になる。

 

 

一言でいえば、ケースバイケース。臨機応変に(^^♪

 

 

「そんなもんいらない。必要ない。」

「あんなんで効くわけない。」

 

 

なんて言われるとどうしても「否定された。」「批判された。」と思っちゃうかもしれませんけど、それは【その人にとっては】って捉えてみてはいかがかなとm(__)m

 

 

そりゃ、極めた人にはそんな小道具・小細工はいりませんよ(^^♪人がすごいんだもん(笑)

 

 

今の自分に必要だと思ったら使えばいいし、必要なくなったらやめればいい(^^)/手技も手法も道具も思想も(^^)/

 

 

達人になるまでにも患者さんは来てくれるわけですから、ちょっとでも効果をアップさせたいじゃないですか(^^♪

 

 

「達人になるまでちょっと待って」

 

 

なんて言えないでしょ(^^)/だったら、それまでに手技・手法・思想・道具・・・・なんでも使えばいいと僕は思いますm(__)m

 

 

ただし、何をするにしても扱う人間がダメだったらダメ。なので自分を磨くことは忘れないようにしたいなと。

 

 

そんなことを思う今日この頃ですm(__)m