堺でCS60が受けられる整体 メディカルサロンいやさか

2019/07/29 ブログ ブログ ブログ
ロゴ

自宅マンションの敷地内はセミがいっぱい(^^♪

 

遊びに行こうと歩いていると、知らない男の子(小2くらい?)が一人でセミを眺めていました。どうやら取りたいけど、届かないご様子・・・・

 

長男(小3)と次男(小1)が一緒になって並んで見ています(笑)

 

長男が抱っこをせがみました(^^♪どうやら取る気のようです♪「俺が行く!」という強い意思を感じます(笑)次男があっちだこっちだと指示を出す(*´ω`)

 

すると、見事に手づかみでゲットしました♪

 

みんなで「やった!!!」

 

僕が下に降ろすやいなや、その場にいた見知らぬ男の子に「はい♪」とプレゼント(^^♪

 

とうちゃん「優しいヤツやなぁ」

 

長男「いや、見つけたんはあの子やし、取ってあげただけやん。」

 

とすましたお顔(笑)

 

気分屋さんですが、めちゃくちゃ良い男に育っております(*´з`)

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。
 

 

スキンドライブシステムのインストラクターという立ち場でありながら、さらには、北海道や沖縄、海外からも手技セミナーを受けに来て頂けるような立場でありながらも、本当にプライドがないもんで、お金の都合がついたらあっさりと導入したCS60という健康器具?治療器?。

 

 

導入して2か月ほど。患者さんからはすこぶる評判が良いですし、「CS60を受けたいんですけど。」という問い合わせもかなり頂くようになりました(^^♪

 

 

そのCS60を目当てに来てくださった患者さんからは「CS60が凄いのか、先生が凄いのか分からん(笑)」と言われるんですが、そんなんどっちでもええでしょ(^^♪良かったんだから(笑)

 

 

「〇カとハサミは使いよう」

 

 

とウチの母がよく言ってました(^^♪ウチの母はド天然なんですが・・・

 

 

スキンドライブもそう。スキンドライブの名を使って恐ろしいマイナス暗示を入れている人もいますから(^^;)創始者が「これは患者さんを余計悪くしちゃうから気を付けてね」って言ってることをモロにやっちゃって、悪化してウチに相談に来られる患者さんもいらっしゃいます。

 

 

一応、身内だと注意した方が良いと思うので院名とか名前を聞きますけど、案の定、全く知らない人だったり、一回来たきりだったり、もうとっくの昔に来なくなった人だったりします(^^;)まぁ、来てる人たちはそんなことせんわな(^^;)

 

 

今年に入っていろんなお仕事をさせて頂くようになって、余計によく分かりましたけど、どんなものでも扱う『人』によって良いものでも真逆になっちゃうなと感じますm(__)m

 

 

方法論ではなく、扱う人だなと。

 

 

同じ内容のモノを聞いてもAさんから聞けば「なんか、また怪しいモン・・・」となりますが、Bさんから聞けば「何それ?おもしろそうやん。」となります。これは、もうホンマに不思議と(笑)

 

 

CS60の話に戻してm(__)m

 

 

ネットで検索すると、「めちゃくちゃ痛い。」「酷いあざが残った。」「痛すぎて三日間起き上がれなかった。」・・・・などとネガティブな情報もあります(T_T)

 

 

何回もブログで書いてて飽きちゃってますけど、「好転反応」とただ「悪化させている」のは全くの別物です。好転反応は一度、なにかしら不都合な症状が出ても後で良くなります。ただ悪化させられたものは、悪化させられた分が回復すれば元に戻るだけ。その勢いで治っちゃうこともあるっちゃあるけども。。。

 

 

僕が思うところのCS60のデメリットの一つに「悪いところに当たるとめちゃくちゃ痛い。くすぐったい。」というのがあります。

 

 

あんまり言うと本部の人から怒られそうなんですが、同じCS60の研修を終えた先生でも「自分の調子が悪くなったらあの先生に診てもらいたいな。」って人と、「どんだけ体調悪くてもアイツの施術は二度とゴメンやわ。」って人がいます(^^;)

 

 

あるCS使いさんは、人の身体を「悪い」と思い込み、CS60を当てても痛がらないから「悪いモノが奥に潜んでいる。」とさらに思い込み、「ガン!」「ガン!」とCS60で殴ってきます(^^;)CS60って金属の塊なので殴れば痛いです(^^;)

 

 

骨って一般にはあんまり知られてませんけど、中身は空洞なんですよね。CS60で思いっきり骨をどついたら音の響き方で空洞ってのがよく分かりますよ(^^;)

 

 

 

ある人は最初、僕が痛がらないもんで突然くるぶしをガンガン殴ってきました。(研修で習うのはトントントントンと軽く叩く程度です。しかもくるぶしなんて叩きません。)お尻をやってる途中に突然尾てい骨をガン!とどついてきました(^^;)本気で痛い時って声が出ませんね(笑)

 

 

「痛いです!」

 

 

と言うと

 

 

「良かったね。悪いモノが出て来たよ♪」

 

 

と言われました(^^;)

 

 

うん、これは施術家とか治療家とか、素人とかの問題ではないですよね(^^;)

 

 

「金属の塊で殴ったら痛い。」

 

 

です。当たり前。痛くなかったらそれこそどっか悪い。

 

 

「物理的な痛さと、CSの痛さが違うの分かるでしょ?」

 

 

と聞かれましたが、あなたのは完全に物理的に破壊される痛さですよと(^^;)

 

 

CS60の情報を調べていると出てくるネガティブな情報は、こういうところに行った人のブログ等かと思いますm(__)m

 

 

確かにCS60は悪いところに当たるとけっこう痛い。でも、それは優しくさすってるだけでも痛いんです。その痛みは不思議と「まんざらでもない」んです(笑)いや、僕はМじゃないんですけどね(笑)

 

 

「嫌やけど、嫌じゃない」

 

「やめて、でも、やめないで♡」的な?(笑)

 

 

複雑な乙女心(笑)

 

 

これは冗談として、ただ痛めつけられる痛みは本当に不快。二度とゴメン。

 

 

実際、僕も10人以上の人にCS60をやってもらっていますが、ある人にやられた行為は、5年前の僕なら確実にキレてやり返してました。いや、本当に僕で良かったですよ、アレ。女性だったりお子さんだったり、身体の弱い方だったら大事故になってました。

 

 

センスがないどころの騒ぎではなく、人として相手を思いやる気持ちがないとしか思えない行為。最近よく聞く言葉にするとサイコパスですよ(^^;)

 

 

こんなに素晴らしい治療器を扱ってもこんな酷い事が出来るんだなと。

 

 

基本、CS60を扱う人たちはめちゃくちゃ優しい人が多いです。治療家でもないのに何十万も払って契約し、何万も払って5日間研修に通い、ご自分の「家族や身近な人を健康にしたい」という思いで集まっておられる方がほとんどm(__)m

 

 

なので、治療家じゃなくてもめちゃくちゃ触り方が優しかったり、人格的にも素晴らしい方が多かったですm(__)m本当に謙虚でいい人ばっかりでした。日頃、悪態ばっかりついてる僕も研修中は大人しかったですから(笑)

 

 

でも、やっぱり100%というのはあり得ないわけでありまして(^^;)一部、とんでもないのがどこにでもいます。

 

 

聞くところによると、半額くらいでバッタもんを販売しているヤカラもいるとか。(バッタもん=偽物)なんか、すでにいろいろバチが当たってるみたいですけど(^^;)それはそれで気の毒なんでちゃんとやればいいのにと思う(T_T)

 

 

まとめると、CS60は確かに痛いこともありますが、不思議と不快ではありませんし、結果身体が良くなるので、疲れたり、調子が悪かったりすると「もう一回やって」ってなります(^^♪

 

 

ウチの患者さんでも「手技にする?」「CS60にする?」と聞いたら大概の人が「両方」って言います(笑)痛がったり、くすぐったがったりしてても。←痛いのが苦手、くすぐったいのが苦手って言う人でも同じなんです(^^)/

 

 

で、全く痛くなくても・全くくすぐったくなくても効果はあります(^^♪

 

 

ある先生に聞いたら「痛くないと効果はない!」って断言されたんですが、ちゃんと効果はあるようです(^^♪

 

 

ウチの患者さんでドМな人が言いました。

 

 

「めちゃくちゃ痛い!って聞いてたから楽しみにしてたのに全身めっちゃ気持ちいいだけやん(笑)」

 

 

そこになんの問題があるのか僕には理解できませんでしたが、その人はいろんな人を紹介してくれています(^^♪

 

 

そういや、昔こんなこともありましたm(__)m

 

 

開業当時、遠いために、1泊2日でわざわざ来てくださった先生が、当時ウチにあった治療器を指さして言いました。

 

 

「これ、めっちゃ高いけど、全然効きませんよね。」

 

 

いえ、めっちゃ効きますけど(^^;)ウチにはもう必要なくなったので手放しましたが、めちゃくちゃ効果のある素晴らしい治療器でした。当時、僕はその治療器のお陰でめっちゃ助かっていました。当時はスキンドライブを知らなかったのでうまく説明出来ませんでしたが、要は

 

 

「おめぇが下手くそなんだよ。」

 

 

というのをとっても気を使いながら丁寧に説明した記憶があります(笑)

 

 

そんな感じです(笑)

 

 

もう次の患者さん来ちゃうから唐突に終了(笑)