合気を学ぶ理由 堺でスキンドライブが受けられる整体

2019/04/24 ブログ ブログ ブログ
ロゴ

先日、学童保育である問題を起こした長男(小3)くん。昨日、たまたま参観日だったので、かあちゃんが先生とお話したそうです。そこで聞いた長男と先生との会話がこちら。

 

 

先生「もうあんなことしないでね。次嫌なことがあったらどうする?同じことする?」

長男「うん!!」

 

 

おもしれぇ(笑)小3でこの返し出来ますかね(^^♪

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

今朝、Facebookを見たら僕がインストラクターをさせて頂いているスキンドライブシステム秘密のグループで、珍しく僕が投稿しているモノに「いいね」がついておりました(^^♪

 

 

去年8月の投稿で、創始者と話をして僕がまとめた投稿なんですが、改めて「ちゃんとしたこと書いてるなぁ」と思ったので今日はネタもないことですし、一部改変してブログに(^^♪

 

 

【患者さんに「力を抜いてくださいね」と言うのはド三流の治療家だと言われる理由】

【身体の悪い治療家が多い理由】

 

 

普通、マッサージやアジャスト、治療器、その他のあらゆる治療は『ある法則』によって効果を軽減させられます。それどころか悪化させるケースもあります。

 

 

拙著「マッサージ不要論」はこの悪化させるケースに焦点を当てた本でしたψ(`∇´)ψそのある法則とは‥‥『作用反作用の法則』です(^^)v

 

 

例えば、10の力で机を叩いたとしましょう(>_<)机に10の力が行くと同時に手にも10の力が加わります(>_<)だから強く叩けば叩くほど手が痛い(笑)当たり前ψ(`∇´)ψ

 

 

触る方が「硬い」と患者さんは反発して「硬く」なります。上手い術者さんは柔らかいから患者さんも柔らかくなる(^^)v触れるだけで(o^^o)てか、触れる前からなんですけど。

 

 

治療家に身体の悪い人が多い理由も同じ。

 

 

その硬くなってる患者さんの奥に「効かそう」と思うと余計に力んで硬くなる。患者さんへ与えた、マッサージであれば圧力、アジャストであれば衝撃がそのまんま術者に跳ね返ってくるんです。だから、身体が悪くなる。

 

 

これは精神的なことでも同じです(^^)/優しい気持ちでやれば患者さんは優しくなるし、「めんどくせぇ」って気持ちや「怒り」でもって施術をすると感受性豊かな患者さんはそれをモロに感じてしまいます。

 

 

サイコパスや一部変わった人でない限り、生物は共感するので当たり前っちゃ当たり前。脳の共感する部分がバグっている人がいわゆる「人の痛みが分からない」って人ですね(T_T)

 

 

ソフト系の施術をしている人はまだマシですが、DVDを出されてる先生、ゴットハンドと呼ばれる先生でも本当に患者さんからの反作用を身体に受けず施術出来ている先生は・・・・本当に珍しい。

 

 

最近は見ませんが、テレビにバンバン出ていた予約が「数か月待ち!」という整骨院の先生は施術に肘を使ってらっしゃって、思いっきり肘を痛めてサポーターをされていましたね(^^;)映らないようにしてあげたらいいのに・・・ってか映されないようにしたらいいのに・・・・と思って見てました。数をやるから仕方がないのかなぁ(^^;)

 

 

どんな治し方でも治してらっしゃるのでスゴイ先生なのは間違いないのですが、少なくともあの先生の身体をみれば患者さんにも負荷をかけているだろうだなぁと、僕なんかは思ってしまいます。「治ってるならいい」んですけど、出来れば負荷は少ない方が良いと思うのでm(__)m人気のある先生への嫉妬だと思って読み流してください(笑)

 

 

徹底的に磨き上げ、練り上げ、余分なものを削った結果でしか得られない身体で行う施術というのはどんなものなのか‥‥それを学ぶのがスキンドライブの基礎・応用・その先の合気研究会です。

 

 

かなりの圧力で押されてるのに痛くない。(普段の施術で強く押す必要はありませんが・・・)普通、身体の奥の奥を押されると痛い。感覚が麻痺してる人は「気持ちいい!」と言うかもしれませんが、その圧力だと身体はガンガン壊れます。

 

 

揉み返しもそれが原因。

 

 

そんな事を繰り返しているから「防御反応」でドンドン身体が硬くなる。

 

 

スキンドライブ合気研究会では『作用反作用の法則』を【身体で】学びます。患者さんと術者の間に必ず起こる、反発する力『作用反作用の法則』を利用することで、奥の奥まで押されても全く痛くない。全く揉み返しのでないマッサージが可能です。なぜなら、反発する力をあるところから逃がしてしまうからです。

 

 

※別にマッサージはしなくてもいいです。強く押しても大丈夫なくらいだから弱い刺激でやればもっと優しくなりますm(__)m

 

 

文章だと合気道の達人クラスでないと理解出来ませんが^^;あ、『自称達人』じゃなくてガチの達人ね(^^)v

 

 

各協会のインストラクタークラスやDVDを発売されたゴッドハンドで有名な先生、組織の長がこっそり・・・・時には堂々と学びに来られるのはこういうことでございますm(__)m

 

 

って、そんな素晴らしいセミナーのインストラクターをさせてもらっているのに休みの日になかなか都合がつかなくてセミナーができない(^^;)

 

 

今年前半まで毎月のようにやっていたからたまには2か月くらいお休みしても勘弁してくださいm(__)mこの前は優しい動きも体験会もしたし(^^)/

 

東京、北海道、仙台のセミナーはこちらm(__)m

 

 

セミナースケジュール