堺で女性に人気w自律神経の調整法を教える整体

2019/02/21 ブログ ブログ ブログ
ロゴ

寝るとき、いつも次男(6歳)がギューッとくっついてきます(^^♪

 

いつものようにギューってしてたらおもむろに硬く握ったこぶしを僕の目の前に持ってきます。

 

とうちゃん「?」

次男「いくで?」

とうちゃん「ん?」

 

握ったをこぶしをゆっくりと開きます・・・・・・・くせぇ(笑)

 

こやつ、6歳にして握りっぺという大技を体得しました(笑)

*****************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

僕のオナラはよっぽど変なもんを食べない限りは臭くないんですけど、なんでしょうか?ww

 

もうね、タイトルが白々し過ぎてちょっとアレなんですけど、大人の事情ということでサラっと流していただければ幸いですw

 

さて、自律神経に問題を抱えている・・・・と思い込んでおられる方が多いようですm(__)m自律神経失調症と言う言葉は僕が物心ついた時から母が連発していたし、僕もアトピーから始まって諸症状抱えまくっていたので「あんたも自律神経失調症ちゃうか。」とよく言われていました(*´з`)

 

これについてブログに書くと諸々法律的な問題とかもあると思うので簡単にm(__)mウチの患者さんはこの話を聞くだけで自律神経のことをキレイさっぱり気にしなくなった人も多いですm(__)mあ、施術もしているので何が効いたのかは分かりませんけどw

 

不定愁訴と呼ばれるよく分からない症状を抱えると、周りに相談したり、今だったらネットで検索したりします( ;∀;)

 

当てはまる症状を調べると「自律神経失調症」という、よく聞くけどよ~分からん疾患名?が出てきます。続いて調べていきます・・・・・

 

すると、その調べた通りに次から次へと症状が発現していき、「やっぱり自律神経失調症や!」となるわけですm(__)m

 

全ての人がこうではありませんし、実際に問題がある方もいらっしゃいます。

 

でも、この「私は自律神経失調症と言う思い込み」を捨てることでスッカリと忘れた方がいらっしゃるのも事実m(__)m

 

自分の身体のことなので気になるのは分かりますm(__)m調べたくもなるし、相談したくもなりますm(__)m

 

お医者さん以外に診断をする権利はありません。

 

にもかかわらず、整骨院や整体院の先生が「あなたは自律神経失調症です。自律神経失調症は長くかかるので回数券を買ってください。」と診断しちゃってる人がいるようです。そもそも診断しちゃったらダメです(^^;)「あなたは自律神経が乱れてますね。」ならまだかわいい方・・・

 

こういうマイナス暗示を入れられてその気になっちゃうと、本当に調べた通りの症状を自ら作ってしまいます(T_T)悲しくないですか?っていうか、僕らのようなところに来る人は基本的にどこか悪くて来るわけです。全員なにかしら乱れとるわいやと(^^;)

 

自律神経を整える施術や体操、呼吸法など様々ありますが、まずはその「自律神経の問題かも?」「自律神経失調症かも?」という思い込みを捨ててみるのも一つですm(__)m

 

思い込みが変われば一瞬で変わります。

 

自律神経失調症なんてないねん!思い込みや!!

 

と決めつけて治ったらラッキーじゃないですか?w

 

お金もかかりませんし、一度やってみることをおススメしますm(__)mそれで忘れられたらラッキー(^^♪どうしても難しければ快方へ導いてくれる人やモノを併用すればいいと思いますm(__)m

 

騙されたと思ってお試しあれ(^^♪本気でw

 

それが出来ない、やってもうまく行かない・・・そんな時に頼って頂けたらm(__)m