メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

なぜ着物と下駄なの??

   

IMG_3061

仮面ライダーエグゼイドさんの御子息がなぜか我が家の布団でお休みになられていました(笑)

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

数か月前、無言の圧力に負けて、半ば強制的に僕にとっては高価な着物を買いましたm(__)mその後、無言の圧力をかけてきた人からもっと良い着物をもらったんですけども(笑)

 

で、せっかく買ったし、「何か意味があるんだろう・・・」としばらく時間のある時は極力着物を着て生活をしてみました。手を洗う、トイレに行く、下のモノを拾う・・・・「洋服ってなんて楽なんだろう。」と思いました(^_^;)着物だとけっこういろいろ「気」を使わなければなりませんm(__)m

 

最初は何をするにしても着物が気になります(笑)自分勝手に雑な動きをしていると、着物がはだけてしまうので、そのままだと気持ち悪いし、直すのがめんどくさい(;一_一)だから、一つ一つの動作が丁寧に、【優しく】なる。

 

例えば、ギックリ腰になる時でちょくちょくあるのがコレ。「身体はそのままで、遠くのモノを取ろうと頑張って手を伸ばした時にギクッと来た(T_T)」ってヤツ。洋服っていわゆる身体の「遊び」を極力奪って、身体を「限界」まで動かせるように出来ているなとm(__)mギックリ腰なんていろいろな原因が重なってなるモノなんでコレ一つが原因とは言いませんが、こう言う小さな事の積み重ねが悲惨な結果を生み出しているのは事実なわけでm(__)m

 

それに比べて着物は動きに「制限」があります。無理に動かそうとすれば当然動かせるけど、さっき書いたように「はだけて」しまいますm(__)mそれを「はだけない」ように動くと、どうしても動きに制限がかかる。身体に「遊び」が出来る。この「遊び」があるから身体に負担がかからないんじゃないかなとm(__)m

 

着物という金型の中に居る限りは安全よ。この中で動くことで無駄な力を使わず、エネルギーや力を養成できるよと。「型」にはめるって凄く窮屈なイメージかもしれませんけど、先人の智慧として僕たちを「守ってくれるモノ」でもあるのかなぁなんて。妄想を(笑)

 

着物が「はだけない」ように動くとどうしたって、歩く、立つ、座る、モノを取る、置く・・・・・・全てが丁寧で【優しい】動きなる・・・・ような気がする(笑)たぶん(笑)

 

僕は施術をする時も、関節の可動域が広がりさえすればOKなんてことは無いと思っていますm(__)m動き過ぎてNGってことも多々ある。関節が動き過ぎることで、身体が本能的に「これ以上動かしたら壊れる!」と察知して周りの筋肉が硬くなることだってあると思うんです。10年くらい前からこの考えを持っていますが、単に「ほぐす」「柔らかくする」ことよりも「安定させる」「守る」「保護する」という施術をした方が結果として「柔らかく」なったと言う事もありました。ま、僕がそう思ってるからそう言う結果になったのかもしれませんけど(^^♪

 

ちょうど今このブログを書きながら、フェイスブックを見たら、スキンドライブ創始者が「型」についてのブログを書いてましたんでご紹介をm(__)m

http://ameblo.jp/skin-drive-system/entry-12254173388.html

 

着物を着ることもこの「型」の一つなのかもしれませんね~、知らんけど(笑)

 

僕は着物を着た生活をしばらくしてみて、「【優しい動き】ってのはこういうことなのかねぇ」と【体感】出来ましたm(__)mもう最近は飽きちゃってセミナー以外では着てませんけども(笑)

 

あ、下駄も理屈は同じですm(__)m地面とケンカするように歩いていたら地面も下駄も傷つくし、鼻緒が食いこんで痛い。地面にも下駄にも自分にも【優しい動き】をしていると、必然的に大事な筋肉を使えるようになりますm(__)m

 

そういや、もう年単位でまともな運動らしいことをしていないんです。でも、たまに子どもと遊んでいて全力疾走をするんですよね。数メートルですけど。一生懸命毎日サッカーをやっていた学生時代って、1日休んだだけで翌日身体の感覚が元に戻るのに結構時間がかかりました。「なんか他人の身体を借りてやってるみたいやなぁ」って感じ。ケガをして数カ月も離れていたらもう完全に身体がバラバラでダメでした。

 

今、全く運動らしいことはしていませんが、ウォーミングアップなしでいきなりダッシュしてもちゃんと走れます(笑)そら、1時間も2時間も座ってパソコン作業をした状態からいきなりダッシュはキツいかもしれませんけど、(それでも今ならイケそうな気がする・・・)日常生活の動きの中でいきなりダッシュは全然「人の身体を借りた感じ」はしません。スッと動けます。

 

よく例えられますけど、野生動物は狩りをする時ウォーミングアップなんてしない。襲われる側の動物もストレッチをしてなかったから逃げてる時に肉離れ起こしたとかはたぶんない(笑)武士とかも決闘前に屈伸とか前屈とかしてたとは思えません(笑)恐らく軽く動きの確認をした程度でしょう。してたらゴメンナサイ(笑)

 

常に準備オッケーの状態だったのではなかろうかとm(__)m着物とか下駄で「必要で大事な筋肉が常に働き、神経が張り巡らされる」ことで常に臨戦態勢だったのではないかとm(__)m野生動物はそれを自然とやっていて、我々人間はそういう工夫をしないとそれが出来ないから着物や下駄という「型」を作った・・・・のかな?(笑)それこそ進化するために。

 

基本、僕が今やっている鍛錬とかはスキンドライブ創始者が言ってた事とか、やってる事を真似てます。そこから派生して本を読んだりDVDを見たりして、自分の理解出来る範囲で咀嚼し、腑に落として表現しています。僕と言うフィルターがかかってるのでどこまで真理に近づいているのかは分からないし、↑で書いたことも、もしかしたらすでに教えてもらっていてそれを忘れていただけで、単に思い出しただけかもしれないし、ただの妄想かもしれません(;一_一)

 

でも、そんなことは別にどうでもよくて、「あ、こうすればいいんじゃねぇの?」ってのがちゃんと【体感】出来たらそれで良いかなとm(__)m上っ面の言葉や表現だけを真似るなんて誰でも出来ますが、【体感】したものはもう忘れないので(^^♪なんとなく「分かった気」になってるだけのモノはなかなか表現するのは難しいけど、「分かった」モノは人に伝えられると思いますしm(__)m

 

で、こうやって表現してたらマズイ方向に進んでるとしたら誰か親切な人がアドバイスしてくれますし(笑)こんな感じで客観的にやってると、自信が過信になることも、妄想を見て勘違いすることもないかな~とm(__)mこの人のアドバイスは聞いた方が良い、この人のアドバイスは「自分の事を思ってではなく、己の支配欲を満たすためで真理ではないなぁ」と言うのもなんとなく分かりますし(笑)有難いアドバイスってホンマ理屈じゃなくてスッっと入ってくるんでm(__)m

 

ってな感じで、創始者、インストラクター全員がセミナー時に着物と下駄を身につけている変なセミナーはこちらm(__)m

 

僕が講師をさせて頂く、【優しい動き】セミナーは大阪堺で3月19日13時半~15時半くらいm(__)m費用は5000円m(__)m終わったら復習会、練習会でも(^^♪スキンドライブ基礎セミナーは同じく3月26日10時~18時くらいm(__)m4月は東京で体験会、5月は同じく東京で基礎セミナーをさせて頂きますm(__)m4月には大阪で基礎ができるかな?って感じですm(__)m連絡手段は伝わればなんでもOKですm(__)m

メールでの・お問い合わせは info@iyasaka-shinkyu.com

 

北海道、仙台、東京のスキンドライブ情報はこちらm(__)m

http://skin-drive.com/seminar.html

 

 

 - スキンドライブシステム, 優しい動き, 学ぶ段階