メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

健康講座で不健康に・・・・

   

長男が卒園式で「世界に一つだけの花」を歌うらしいので、CDを買ってあげました(^^♪家ではエンドレスでず~~っと流れています(笑)そんな中、草なぎ剛さんのソロパートを聞いた次男が「父ちゃんが歌ってる!!」と(^_^;)ん~・・・・似てるのかなぁ・・・

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

先日のブログにコメントをくださった方、ありがとうございましたm(__)mとても辛い思いをされたと思いますm(__)m僕たちも気をつけなければならないなと思いますm(__)m

 

どう言った内容なのかは察して頂くとして、世の中にはたくさんの健康講座がありますね(^_^)vまともな健康講座ってどらくらいあるのか知りませんが、ウチの患者さんのお話を伺っているとロクなのがないんだなと思います(^_^;)

 

「本当の意味で世の為人の為にやっている健康講座」なら、誰も文句は無いと思うんですけど、自社の製品を売るための健康講座はマイナス暗示を入れるだけなので行かない方が良いし、行ったとしても話だけ聞いて「ふ~ん・・・」くらいのノリにして頂きたいm(__)m全部が全部嘘を言ったり、インチキかますわけではないと思うのでm(__)m

 

実例として、例えばピ○○ィ○という健康法?体操?がありますm(__)m僕個人的な意見としてこの手のヤツは特に必要だと思わないんですが、コレをやることで健康になった人、悩みが解消された人がいらっしゃるのも事実なんでそれはそれでOKですm(__)m無理なく、楽しく元気になっていけるのならどうぞ続けて下さいm(__)mそこでの仲良しさんもいらっしゃるでしょうし(^_^)v

 

その「ピ○○ィ○の素晴らしさを純粋に伝えたい!!」というモチベーション、内容で健康講座的なモノを開くのなら良いと思いますm(__)m行ってみて、「合う、合わない。」を判断するのはお客さんなので。

 

でも、そこで「余計な事を言うんじゃねぇ。」と(^_^;)

 

ウチを卒業された患者さんのお話。そこそこ重症で、正直言うと1回・2回ではあまり喜ばしい変化もなく、3回目でやっとこさ劇的に改善し、そのまま半年以上再発しなかった方です。

 

詳しくは避けますが、「最近、全く運動が出来ないので楽しく運動が出来るモノはないかな??」と軽い気持ちでピ○○ィ○の体験会へ応募。数千円だったと思います。いざ、行ってみると体験者はその患者さんお一人。患者さんは女性、先生は男性。

 

体験会が始まると、ピ○○ィ○の話はそこそこに、「私は柔道整復師の免許を持っているんで身体の歪みをチェックします。」と寝かせられ、「骨盤がズレている。」「アチコチ歪んでいる。」「ココが悪いんですけど、これをこのまま放っておくと将来○○になる。」と頼んでもないのに次から次へと・・・・・・で、その先生の整骨院に通いなさいと。いや、そもそも柔道整復師は身体の歪みをチェックする資格じゃねぇし(笑)

 

その患者さんはその体験会の数日後、僕に電話をくれました。

 

詳細に何を言われてどうされたかを話して下さって、「先生(僕)に全部良くしてもらってるはずなのに、体験会の先生がアチコチ悪いって言うし、放っておくと将来こうなるとか言うし、実際、あの日から不安で不安で、以前のような症状がぶり返して辛いんです。もうパニックなんです。助けてください。」と。

 

とりあえず、出来るだけ早くに予定を合わせて来て頂いたんですが、本当にキッチリあちこち悪くなっていました。体験会に行くまではなんともなかったのに。ぶっちゃけ、言ってしまえば骨盤の歪みなんて誰にでも多少はあるんですよね。完璧に左右対称な人なんているんでしょうか?んな、厳密に揃っていなくても症状が全くなかったら別に良くないですか?スカートが回るとか程度なら一瞬で良くなりますし、身体の使い方を覚えたらそない何回も骨盤矯正する必要ないし。

 

実際に会ってお話を聞いても、本当にトンデモない話ばっかり。まぁ、その患者さんもテンパってしまってるし、人の記憶は簡単に置き換わるから100%その通りでないにしても、患者さんのお話、状態を見ればかなりの割合で信じて良いだろうなと。

 

その頃はまだ、「マイナス暗示」という言葉を知らなくて別の表現をしましたけど、「悪い思い込みを刷り込まれましたね。」とお伝えして、「1回良い状態になってるし、体験会まではどこも悪くなかったんでしょ?なら、すぐ戻りますよ(笑)大丈夫♪」と普通に施術をしたら全部1回で良くなりました。その後、再発なし。

 

ピ○○ィ○をちゃんとやっている先生、柔道整復師をちゃんとやっている先生、全員に土下座して謝って回したいくらいですね。こう言うヤツがいるから「ピ○○ィ○って・・・・」「整骨院って・・・・」「整体って・・・・」って悪いイメージがつく。やっぱり、手技手法が悪いんじゃなくて、やってる「人」の問題。

 

「健康講座って何のために開くのか?」

 

お客さんの不安をあおって商品、施術を買わせるためではないはずです。逆に言うと、そういう導き方をする講座には気をつけた方がよろしいかと思いますm(__)m

 

普通に生活していればどうでもいいような「真実」をわざわざ教え、不安をあおり、「解決するにはこれしかない!!」って言うのが鉄板パターンでしょうか?開発、習得するのに「語るも涙、聞くも涙」の血のにじむような努力をしたってエピソードがあれば完璧?(笑)

 

あ、現状、不都合がある人に「事実」を教えて改善に導くのは「マイナス暗示」を入れている事にはならないと思います(^_^)v良い先生ほどこう言うのを聞くと「もしかして、自分はマイナス暗示をかけてしまってるのではないか?」と思っちゃうみたいなのでm(__)m

 

その辺のさじ加減って難しいかもしれませんけど、出来るだけ「客観的」「俯瞰的」に見る練習をしていたらなんとな~く分かってくるのでないかなぁと思いますm(__)m

 

僕的には冒頭のインチキみたいなのに騙されたり、引っ張られないようにお話をさせて頂いていたつもりなんですが、キッチリ伝わっていなかったからこんなことになったワケで(^_^;)まだまだですm(__)m

 

昔は、あんな感じのを「潰す」くらいの勢いで語っていましたし、実際けっこう悪態をついていましたが、今は「騙されない人」を育てれば、「騙す人」がそれで商売出来なくなるから困る→まともな事をせざるを得なくなる。という方向に持って行けないかなとm(__)m図式、ものすごい端折りましたけど(笑)

 

潰したい人を一人ずつ潰したところで、僕もタダでは済まないし、時間もかかるし、どう転んでも遺恨を残すし(笑)騙される人を減らす方が効率的で誰も困らないかなと(^_^)vハナから衝突が起きないようにするイメージ(^_^)v

 

悪知恵の働く人って基本的に頭良いと思うんですよ。だから、良い方に使わざるを得ないほど素敵な環境に出来たら良いんじゃなかろうかと(^_^)v僕は基本的に「性善説派」なので、めっちゃ良い人を騙すのって罪悪感あるでしょ(笑)あるはずなんですよ。だから、悪さを出来ない状況に追い込む、悪さを働くのに罪悪感を味わわせる状況に追い込む・・・・これなかなか良くないですか(笑)

 

そんな仲間を募集中(*^_^*)

そんな話や方法論まで披露するセミナーとかもやっとりますので、良かったら(^_^)v

 - スキンドライブシステム, 健康講座, 日常