メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

子育てから学ぶコミュニケーション術

   

漫画ワンピースにハマった長男(小2)。事あるごとに

 

「それ、何の能力者?」

 

と聞いてきます(笑)

 

それを真似た舌ったらずの弟くん(6歳)

 

「それ、なんのにょうりょくしゃ?」と(笑)

 

とうちゃん「尿力者?おしっこを出す力が強い人のこと?」

 

と返してやると2人して死ぬほど大笑いしてました(笑)まだまだチョロい幼児期(笑)下ネタ言うてたらとりあえず笑いやがる(笑)

******************************************************

ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

最近、また子育てに関するお話をちょいちょい頂くのでそのネタをm(_ _)mこれは大人に対しても使えると思いますm(_ _)mっていうか、僕的には基本、子どもに対しても大人に対しても同じなんじゃないかなぁと思ってる所がありまして(^^)

 

脳科学的に・・・やったかな?小さな子どもってまだまだメルヘンなところがあるので、いわゆる現実と妄想の区別がハッキリ付いていないそうです。

 

純粋な人にしか見えないトトロの「まっくろくろすけ」とかってもしかしたらそういう事なのかもしれませんね♪まだ現実と妄想の区別がついていないから見える(^^)かわいいっすね♪それが子どもだと(^^♪

 

小さなお子さんはまだそういう世界に生きています(^^)

 

なので、思い込みも激しい(笑)

 

人間って「自分が正しい。」と思いたい生き物ですよね(^^)僕だってそうです。たぶん悟りを開いた人以外はみんなそうなんじゃなかろうかと‥‥

 

もちろん子どももそう。

 

だから、自分に不都合なことがあった時、めちゃくちゃ言い訳をします(笑)小さな子どもほど「その言い訳は苦しいやろ(笑)」というような言い訳をしますよね(笑)大人でも「もうちょいマシな言い訳あるやろ?」ってのもいますけど(^^♪

 

ウチの子も言い訳を言い出した頃は「よしよし、だいぶ頭が使えるようになったな。」と思ったもんです(笑)言い訳とか嘘って現実と違うことを言うんですからある程度頭が使えないと無理ですからね(^^)

 

で、話を戻して‥‥

 

例えば、小さな我が子がこちらに向かってパタパタと走ってきたとしましょう。バタンと転びました(>_<)「ぎゃー」と泣きながら「とうちゃんがそんなとこおるからや!」と人のせいにしたとしましょう。

 

ウチの子はもう8歳と6歳、話せば分かる年齢なのでちゃんと教えてあげます。あ、これはたとえ話で、ウチの子くらいの年齢になるとそんなことはありませんけどね(^^♪

 

僕のせいにされたらこう言います。

 

「○○くんがこっちに来ようとして自分で転んだんやろ?とうちゃんが悪い?」

 

と。

 

したらちゃんと理解してくれます。

 

「じゃ、今度はとうちゃん見つけて走ってくる時も危なくないか気をつけようね。」

 

と。したらすぐに泣き止んで「うん」と言ってくれます(^^)

 

で、これがもうちょっと小さなお子さんの場合‥‥言っても分かりませんよね^^;分からなくても言ってあげるといいとは思うんですけど、そんなまだ理解できないような小さな子に理屈こねたかってしゃーないです(笑)お前のせいやろ?とは言えません(笑)

 

ならば、

 

「あ〜、それは悪かったねぇ〜とうちゃんが○○くんの方に行ってあげたら良かったね〜ごめんね〜。」

 

と言ってあげてはいかがでしょうか?あくまで「まだ理解できない子に対しての一つの提案」であってこれが正しいとは言うてませんので。こういうのを書くと必ず「一部分しか」見てないめんどくさいのが絡んでくるから【ちゃんと読んでから】文句言うて来てください(笑)

 

相手はまだ脳が発達していない子ども。それに対してムキになるのは脳が発達した大人のやることではないかなと(^^)オセロでも、トランプでも、将棋でもルールもままならない小さな子ども相手に本気ではやらないでしょ?(^^)明らかな力の差があると「負けてあげる」という余裕がありますよね(^^)あれと同じです♪

 

負けてあげた所、子どもが調子乗って「とうちゃん弱いなぁ、僕の方が強いやん!」と調子に乗ったところで腹が立つようなことはありませんよね♪

 

「○○くん、強くなったねぇ、すごいなぁ。」

 

僕はそう言ってました。もうウチの子くらいに大きくなると、僕が手を抜いてるのが分かるので、逆にボコボコにして「大人をなめるなよzψ(`∇´)ψ」と教えています(笑)ボチボチ現実も知らないと、明らかに勝てない相手に対して絡んで行ったはええけど、ボコボコにされるとか可哀想じゃないですか^^;そんなんかっこ悪いし、恥ずかしいし、情けないし。

 

上には上がいるって事を小さいうちから身をもって叩き込んでやろうと(笑)もちろん、とうちゃんよりすごい人は腐るほどいるんだぞってのも教えています。

 

で、今日書きたかったのは、相手が大人であろうが子どもであろうが相手の状態によって対応を変えるってこと。

 

理解できないような人に対してはまだその段階でないので「負けてあげる。」決してムキにならない。これもこういうと必ず言われるんですけど、「あることないこと私のおらんところで言われるの腹立つじゃないですか!」と(^^♪まぁ、そういう人なんで陰でも表でも、今ならこうやってブログという手段があるので好き放題言うでしょうね(^^♪「言い負かせてやったぞ!」「否を認めさせたぞ!」って。

 

いいんじゃないっすか?言わせてあげれば。そうしないと気が済まないんでしょ?それ以外に心をコントロールする術を知らない気の小さい人なんだから成長するまで温かく見守ってあげればm(__)m

 

その人が自分の悪口をガンガン言ってると確かに良い気分ではありませんが、その話を聞いて信じる人って似たような人ばっかりです。そんな人と仲良くしたいですか??

 

15年くらい前、当時働いていた整骨院で完全に患者さんの被害妄想でガチガチのクレームが寄せられました。その完全な被害妄想おじさんはタクシーの運転手さんで、お客さんを乗せるたびに当時僕が勤めていた整骨院のあることないこと悪口をガンガン言っていたそうです。で、ウチの患者さん(おばあちゃん)がそのタクシーに乗った時、やっぱりウチの悪口をガンガンいうタクシーの運転手さんの話を聞き、僕のところへわざわざ確認に来てくれました。

 

「あの〇〇って名前の運転手さん、本当に先生のとこの患者さん?」

 

から始まって話を聞いたんですが、9割以上が嘘(笑)確かにウチの受付さんの阻喪があったのは事実。それ以外は全部嘘でした(笑)よくもまぁそんな被害妄想でモノが話せるなと(笑)ただ、そのタクシーおじさんはきっと事実のみをしゃべってるつもりなんです。人の記憶って特にムキになってるとドンドン入れ替わりますから。嘘でも何度か言ってるウチに本当のような気がしてくるんですよ(^^;)

 

昔、犯罪捜査で使われていたプロファイリングが発達しなかったのもそれが理由だとか??

 

でね、そのおばあちゃんは心配になってご近所さんにその件を聞いて回ってくれたらしいんです。しらたやっぱりご近所さんもウチの整骨院の悪口を散々聞かされたらしいんですけど、結果「誰も信じてない。」という事が分かりました(笑)おばあちゃんはめちゃくちゃウチらのことを心配して「先生たちに限ってそんなことはない!」ってことを言って回ろうとしてくれたらしいんですけど、必要なかったと(笑)

 

そういうことです。

 

自分のやらかしたことが事実であり、それを言いふらされると色々マズいかもしれませんけど、事実無根だった場合、言った奴が評価を下げるだけ。言った方は「正しい事をしている!」と思ってやっていても、分かる人には分かりますから大丈夫ですm(__)m分からない人には分かってもらわなくてもいいかなと。上から目線で申し訳ないけど(笑)

 

著しくやられちゃってる奴はちゃんと対応しないといけないと思います。でも、そうでないものは、感情に任せてワーギャー言うてるヤツなんてまともな人ならば誰も信じないでしょう(^^♪

 

ママ友とかの集まりでよくこんな話があるみたいですけど、そんなしょ~もないグループからは脱したらいいと思いますm(__)m「ウチの子がいじめれらるかも?はじかれるかも?」という心配はごもっともm(__)mでも、まともな親ならば親同士のいざこざを子どもには言いません。もし、言っていたら、それを子どもが信じて我が子をはじいたら・・・・・

 

環境を変えてあげましょ(^^♪そんな環境に我が子を置いておきたくないでしょ(^^;)

 

僕が小1の時、一番仲良かったのがとある宗教団体の子でした。彼と遊ぶ時は僕も一緒に「お勉強」をしないと外に出してもらえません。僕もその子とそのお兄ちゃんと並んでそこのお母さんの話を聞き、テストに合格したら遊びに行ってオッケーと。ウチの母は正直、良くは思ってなかったそうです。僕も今自分の子がそういう勉強を矯正させられていたら嫌だと思います。でも、ウチの母は「子どもの友達選びにそんな理由で口を出すのはおかしい。」と思っていたらしく、当時の僕には何も言いませんでした。だいぶ大きくなってから聞いたんですけど。ま、当時、僕が親にそう言われたところで聞かなかったっでしょうしね。そいつと遊ぶのが楽しかったんで宗教とか関係ないし。

 

どうしても環境を変えられない時は、どうぞ周りの人に遠慮なく相談してくださいm(__)mけっこう他人の目線で見てみると簡単に解決策が見えたりするもんです(^^♪

 

僕も開業当初からけっこうなブログを書いているので陰でごちゃごちゃ言われているらしいですし、直接ワーギャー言われたこともあります(^^;)そのほとんどが自分のインチキや悪事を暴かれたことに対する感情的なクレームだったりします。昔はわりと八方美人でいろんな人に気を使って合わせていましたけど、疲れるだけでな~んもおもしろくないしおかしな方向に誘導されるし、もういいやと。

 

まともにやっている余裕な大人の方々は「あいつもまだまだ若いしな。」「好きなこと言うとるな。」「そのうち落ち着くんちゃうか~」ってな感じのようです(笑)いや、むしろ、「おもろいからもっとやれ(笑)」と言われることも(笑)

 

あ、自分と違う意見を全部排除すりゃいいってもんでもないですm(__)m「ありのままの自分大好きお化け」は周りに迷惑をかけるので、人の意見はちゃんと聞く耳をもっておくバランスも必要かとm(__)m

 

「好きなことだけをして生きていく」というのが流行ってますけど、そこには「好きなことをするためにやるべきこともあるよ。」ってのが含まれてると思うんです。好きなことをするために嫌な人に頭を下げるとか、好きなことをするために今はちょっと無理をするとか・・・その好きなことをするためなら頭を下げたり無理をすることが苦にならんってくらいのことをいわゆる成功してる人たちは言っているのではないかとm(__)m

 

SNSには理性を司る大脳の働きがちょっとアレしている本能むき出し、自由気まますぎる方々をちょろちょろ見ますけど、見るからにアレでしょ(笑)自分らしさ、ありのまま、自由をちょっとアレしてる人達って見ててアレじゃないですか(笑)まぁ、抑圧されまくってる人ってそのアレな人たちを見てアレするんでアレなんですけど(笑)

 

アレアレ言い過ぎてなんのこっちゃ分からん(笑)要は自由を求めすぎて、自分勝手になりすぎて、いわゆるパッカーンしちゃダメよってことですm(__)m

 

理性を保ったまま、過度に頭を使い過ぎず、付き合う人、離れる人、ほどほどに付き合う人、適度な距離を置く人、を判断していけばそんなに辛いことはなくなるかな~とm(__)m

 

今日は時と場合によっては「負けてあげる」ってことも選択肢に入れてあがればよろしいかと・・・ってご提案でしたm(__)m言葉のアレで「勝ち負け」って書いてますけど、自分が勝ち負けとは違う世界にいてたら「負けること」ってどうってことないですm(__)mと、日本シリーズで毎日「勝った!負けた!」と言うてるこのタイミングで言うてみる(笑)

 

そんな感じで珍しく大阪での基礎セミナーを2か月連続で決めましたm(__)m

 

11月25日(日)、12月23日(日・祝)の10時~参加者さんが滞在できる時間まで(笑)出来るだけ基礎で知っておいてほしい事は18時くらいまでに終わらせますが、いろいろ持って帰って頂きたいので20時とか21時とかまで参加者さんが持つならやります(笑)

 

11月10日の優しい動きは会場が取れなくてウチの店でやるのでこれ以上は無理ですm(__)mごめんなさいm(__)m14日の優しい動きも締め切りでm(__)m

 

11月14日(水)の10時~12時まで。

費用は5000円。場所はこちらの向かいにあるスタジオサロンですm(__)m参加者さんにお伝えしますm(__)m

https://www.kamunori.com/

キャンセル待ち

 

11月10日(土)16時~18時

場所:メディカルサロンいやさか

費用:5000円

キャンセル待ち

 

【スキンドライブ基礎セミナー大阪】

11月25日(日)、12月23日(日・祝)の10時~参加者さんが滞在できる時間まで(笑)出来るだけ基礎で知っておいてほしい事は18時くらいまでに終わらせますが、いろいろ持って帰って頂きたいので20時とか21時とかまで参加者さんが持つならやります(笑)

 

 

詳細、その他スキンドライブ情報はこちらm(__)m

セミナー情報

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40skindrive

 

スキンドライブ漫画版

https://drive.google.com/file/d/1b9LZElal3BUBkCyefw7EOmKooOf4DWR4/view

スキンドライブ式催眠漫画

https://drive.google.com/file/d/1b9LZElal3BUBkCyefw7EOmKooOf4DWR4/view

 

DVDはこちら

http://chirobasic.co.jp/arai/launch/launch_0725.html?aKey=YkyHx6&dKey=#movie2

 

第二弾DVD

https://chirobasic.jp/harada_arai/index_a.html

 

スキンドライブシステムの電子書籍はこちらm(__)m3年前に僕が書いた「マッサージ不要論」「セラピストが患者を作ってる」の問い合わせをいまだに頂きますm(__)mありがとうございますm(__)m今となってはもうそれよりこっちの方が良いのでこっちを購入して頂いてm(__)m
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E6%96%B0%E4%BA%95-%E6%B4%8B%E6%AC%A1-ebook/dp/B071CSDR27

 

書籍第二弾

https://www.amazon.co.jp/dp/B07BHBGM2W/ref=tsm_1_fb_lk

 

【優しい動き】の本も出ました(^^♪

【優しい動き】の電子書籍を出版しました

 

 - コミュニケーション, スキンドライブシステム, 子育て