メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

人生に必要なモノ

   

次男(6歳)「え~とうちゃんまたちょんまげさんのところ遊びに行くの?」

 

とうちゃん「ええやろ~」

 

次男「じゃ、ちゃんとお土産買って来てな!!」

 

とうちゃん「何がいいの?」

 

次男「アリオのいもけんぴ!!」

 

アリオとはウチのベランダから見えている目と鼻の先のショッピングモールです(笑)ちょろい(笑)

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

この土日で今年2回目?3回目?の東京へ行ってまいりましたm(__)m

 

目的はスキンドライブシステム創始者による少人数制の直接指導を受けられる「スキンドライブプロ」と翌日の「基礎セミナー」。

 

創始者のぉ~細かいチェックを~~受けられてぇ~~出来てるところとぉ~出来てないところがぁ~再認識出来てぇぇぇ良かったですぅぅぅぅわぁーーーーーーい(*’▽’)

 

改めてぇ~基礎のぉ~大事さがぁ~分かりましたぁ~~うぃぃぇーーーーーーい(*´ω`)

 

で、感想は終わりなんですけど、んなことは行く前から分かってたし、これからもずっとそうだろうし(笑)ずっと教えてもらうことの根幹は変わらないので、大事なのは自分がどこまでそれに触れられたかとm(__)m

 

と、いう事で昨日の基礎セミナーでも「いつもブログ読んでます(^^♪」「楽しみにしてます(^^)/」「質問いいですか?」とこんなチンチクリンに声をかけてくださる気さくなスキンドライバーさんもいらっしゃるので僕がこの二日で「前から教えてもらっていて分かっていたけど、ホンマは分かっていなくて、やっと分かった。」的なところをちょいと書いてみようと思いますm(__)m

 

どこか悩みを抱えておられる方、治療家さんにも良いヒントになると思いますm(__)m

 

例えば、一つ目。患者さんの悩みが「腰痛」だったとします。(もちん、字面だけではなく、【状況によって】というところはありますけど。んで、↓はアチコチ痛いところを探すという意味ではなく、日常のすべてにおいて・・のことです)

 

「他にも何か欲望があったら全部言って。」

 

こう言うことで、その患者さんにとっての腰痛が「悩みの全て」ではなくなり、いろんな欲望の一つになります。これは【マイナスにフォーカス】しないという部分の具体的な方法ですね(^^)/これはイタダキ♪いやいや、このテクニックは凄いでしょ(^^)/世の中「どんだけマイナスにフォーカスさせる治療があんねん!」って中、スーパー真逆(笑)でも、患者さんにとっては間違いなく良い情報になります。

 

スキンドライブって、マーケティングでもなんでもそうですけど、これだけ真逆を行くってのはひねた見方をすると、もしかして「創始者ってただの天邪鬼じゃねぇの?(笑)」って思いますけど、それだけ現代って「みんなが良く生きるための」世界と真逆の方へ行ってるんだなと言うのがよく分かりますm(__)mムキにならず客観的に見たらホンマよー分かります。

 

んで、スキンドライブは「自分が心地よい状態」になることが大事と謳っております(^^)/

 

要は、自分にとって【楽】であれば良いんですけど、身体がぶっ壊れちゃってるもんでその【楽】が分からない(^^;)僕ら現代人の身体にとっての【楽】と日本人本来の【楽】は全く別物(T_T)僕らが【楽】だと思い込んでるのは「怠け」(笑)

 

その「怠け」てるところに無理くり鞭打って頑張ってストイックにやってドーパミン全開の人ってすぐ本気で怒りますよね(笑)余裕がないもんで。冷静を装っても本当に冷静なこっちから見たら「あぁ~めっちゃ怒ってはんな~」って(笑)

 

頑張りに頑張ってると当然苦しいです(^^;)でも、ずっと苦しいと身体は嫌になります。それをなんとかするためにドーパミン・アドレナリン系が働きすぎちゃいます。それで苦しくなくなるんですね~。要は痛い、苦しいが認識出来ないほどバグってるだけなんですけど。苦しいのを麻痺させちゃってるので、「こうすると楽でしょ?」って楽な姿勢に導いても「何が変わったのか分からない。」当然です。今は麻痺しちゃってるんですから。

 

具体的に言うとランナーズハイみたいな。身体壊れちゃってるのに休むことより走る方が気持ちいいとかどうかしてるでしょ?(^^;)

 

あそこまでバグっちゃうと相当な量のドーパミンが出ないと「良い」とは思いません。もう何年も見てませんけど、24時間テレビのマラソンとかゴールした瞬間のワーーーーーーーー!!!!!って感じがまさにって感じでしょう。

 

でも、人の身体には物理的な限界があり、脳内麻薬で苦痛を誤魔化していても限界が来ます。

 

〇〇のインストラクターとか、〇〇〇〇〇のインストラクター、〇〇〇〇ジムのインストラクターあるある・・・・インストラクター同士が集まると「どこの整骨院がいい。」「あの整体院が良かった・・・」みんな身体悪いじゃん(笑)

 

健康のためにみんなが通うのにその先生がみんな治療院に行かないと下手すりゃ日常生活もままならない。おかしいですよね?この人達、めっちゃ「リラックス!」って言いますよ(笑)本来の意味とは違うんですけど、リラックスさせるために瞑想とかも教えてますよね?瞑想を教えてますって人でもガチガチの人いますもん。リラックスしてたら・・・・・ねぇ(笑)

 

「私緩んでます!!」

 

って語尾にビックリマークついちゃってるもん。二つも。

 

めっちゃ、その気になっていろいろ質問して来ても本当のこと言うと怒るやん(笑)気に入った回答以外受け入れへんやん(笑)

 

例えば、奇抜なファッションが好きな人がいたとしましょう。その人がそば職人になりたいとある職人さんのところへ行きました。

 

「そのカッコはなに?あなたに学ぶ資格はありません。出直しなさい。」

 

と言われたら、たぶんその奇抜なファッションさんはその職人さんのことを嫌になるでしょうね。最初は何かしら魅力があって「この人から学びたい!」と思って行ってるはずなのに、その魅力であった部分までディスることでしょう。その職人さんは本質を教えてくれる人だとしても。

 

「このファッションが分からないヤツに学ぼうとは思わねぇ。センスねぇもん。頭かてぇヤツなんかこっちから願い下げじゃ!」と別の職人さんに教えを請いに行きました。

 

「君のファッションは個性的で素敵だね。うちらの世界も君のような個性を持っている人間が必要だ!」

 

こんなこと言われたら気持ちいいですね。例え、この職人さんがインチキであっても「この人ならば!」と思って弟子入りするんでしょう。

 

同じことでも、ある人は「ダメ」、ある人は「個性」というのも催眠なんですって。あ、そうか。言葉で言うのは全部暗示や(^^♪心理系、自己啓発系のところで流行ってるのってこんな感じしません?「あなたはありのままでいいんです。」「怒るのもあなた自身。」「全てを受け入れましょう。」みたいな。

 

僕ならファッションを改めてちゃんと教えてくれる先生のところへ行きます。「申し訳ありませんでした。改めます。」と。ファッションを改めることがそれを学ぶことに必要だったから「出直せ。」ってすでに教えてくれてるんやし。必要なかったら言わんでしょ。

 

怒る自分はまだ未熟なんだから怒らなくてすむように工夫するのが学びだと思うんですけど、怒ってオッケー。それもあなた。って自分に周りを合わさせる考え方って争いが絶えませんよね。

 

海外に出た日本人アスリートのインタビューとかで、「こっちは自己主張しないと通用しないんで。」「日本人は大人しいからこっちでは通用しない。」とか言って我を出しまくって結果を出してたりなんかすると、自己主張できる欧米人が凄くて、ハッキリモノが言えない日本人がダメ。みたいな風潮もあると思うんです。

 

でも、ハッキリ自己主張できる・・・というかガンガン自分の意見を押し通す人ってより本能に近いというか、「ケモノ」に近い。逆に「今、こう言っちゃうと相手は怖がっちゃうかな?」なんて空気を察する日本人はより大脳が使えて「人間的」とも言えるかもしれません。

 

争いをすることが前提のスポーツであれば、自己主張しまくるのはいいのかもしれませんけど、より周りに気を配って行動が出来る日本人てむしろ人間的に優れてるんじゃない?とも思ったりします。

 

スキンドライブの創始者もいつだったか「人類の最新アップデートされたのが日本人かもしれない。」と言ってました。せっかく最新のアップグレードをしたのに現代人はわざわざダウングレード?してる・・・・と。

 

なんやったら24時間くらいアップグレードに時間かかってくれてもええから終わったら最新バージョンの身体になってくれてたらええのに(笑)

 

そんな流れで、今回今更ながら「う~ん」と思ったセミナー中の言葉がこれ。

 

「悪くならないように・・・ではなく、悪くなれないようにする。」

 

なるほど。

 

「悪くならないように気をつけましょう。」ってもう思いっきりマイナスにフォーカスしとる( ;∀;)

 

昨日から改めて「悪くなれないようにする。」身体を練習中です。いわば心身のアップグレード中・・・・・・・終わる気しねぇ(笑)身体のアップグレードはオートじゃないのね(^^;)

 

トータルして、いろいろとチェックしてもらってあれやこれやとダメ出しを頂いたわけです。

 

もちろん、それをしてもらいに行ったわけですけど、出来ていないところを「出来てない。」と指摘されるのは感情的にはネガティブですよね。ストレスです。わりとまだマシなところだって褒められるほど出来てるわけじゃなくて、そもそも完璧なんてありませんし、「現時点でオッケー」的な感じなので気持ちよく褒めてはくれません(笑)

 

もうちょっと優しく褒めてあげてもいいのに(笑)

 

そうすりゃ、セミナーにも人が増えるでしょう・・・・けど、そんなおべんちゃらはその時が気持ちいいだけでこの先な~んの役にも立ちませんからね(^^;)

 

ただ、そんだけ出来ないところを指摘される程度の自分なのに現時点でそこそこの結果を出しとるんですよね(笑)そこが良くなったらもっと可能性広がりますよ。いや、おもろいでしょ(笑)

 

5年前ほど前なら一つ指摘されると「あぁ、やっぱり俺出来てへんねや。」といちいち凹んでしばらく引きずってましたけど、今は「引きずるってなに?」ってくらいになりました(笑)

 

過去に自分自身が心にけっこうなモン抱えたお陰で、以前は心が弱っている患者さんの気持ちに寄り添うことが出来ましたけど、今は寄り添うってよりグイって引っ張り上げた方が手っ取り早くね?と思うようになりました(笑)

 

あくまで今の自分の経験上ですけど、あんまり丁寧に寄り添ってるとそこに心地よさ感じちゃって抜けてくれませんし。

 

特にメンタルが弱っている方は、先のことなんて考えらないくらい「今なんとかしてくれ。」ってなると思います。例え、その場しのぎであっても優しい言葉が欲しい時ってあると思います。その時はその時。それも必要。昔の自分が対応できたのはそこまで。あとはひたすら励ますだけ。

 

それでガチガチの精神的な問題を抱えている方が改善されたこともありますけど、正直全然ダメな人もいました。↑の方に書いた「楽」と「怠ける」は違う。「優しい」と「甘い」は違う。甘やかして怠けさせてたらそら無理だ(T_T)

 

甘いものは大好きですけど(笑)昨夜も帰って来てからコンビニで一番デカいプリン買って食べましたけど(笑)

 

出てきた手には何度でも手を出しますけど、僕の手をつかんで引きずり落そうとする人の手はサッと放しますし、(仲間に引き入れたいだけなら残念ながら僕は仲間にはなれません。以前は全部付き合ってましたけど、付き合うだけ無駄だってのがよ~く分かったので。同じ人の手でも出てきたら僕の手も出しますけどね~(^^)/)自分の能力内でなんとか出来るモノなら相手が気づかないウチにシレッと丸っぽええ感じのところまで引っ張り込まるようになりたいですね(^^)/

 

人生には優しさも厳しさも笑いも必要(^^♪

 

オールインワンで学べるスキンドライブはこちら(笑)

 

そんな感じで6月10日(日)の午前10時~12時にスキンドライブ体験会、13時~15時まで【優しい動き】を久しぶりに開催したいと思いますm(__)m体験会はお茶・お菓子付きで3000円、【優しい動き】は5000円ですm(__)m場所は当院でm(__)m

 

大阪の基礎セミナーは7月のどこかで・・・・検討中っすm(__)m今なら会場の加減もありますけど、ご希望があれば日程のリクエストにお応えできる・・・かも?(笑)

 

その他、スキンドライブ情報はこちらm(__)m

セミナー情報

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40skindrive

 

DVDはこちら

http://chirobasic.co.jp/arai/launch/launch_0725.html?aKey=YkyHx6&dKey=#movie2

スキンドライブシステムの電子書籍はこちらm(__)m3年前に僕が書いた「マッサージ不要論」「セラピストが患者を作ってる」の問い合わせをいまだに頂きますm(__)mありがとうございますm(__)m今となってはもうそれよりこっちの方が良いのでこっちを購入して頂いてm(__)m
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E6%96%B0%E4%BA%95-%E6%B4%8B%E6%AC%A1-ebook/dp/B071CSDR27

 

第二弾

https://www.amazon.co.jp/dp/B07BHBGM2W/ref=tsm_1_fb_lk

 

【優しい動き】の本も出ました(^^♪

【優しい動き】の電子書籍を出版しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 - スキンドライブシステム