メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

金縛り!!

   

小2の長男くん、最近は僕が帰っても玄関まで走ってきて全身で「嬉しい!!」って表現をしてくれなくなりました(^^♪成長、成長♪だいたいは弟とはしゃいでたり、本を読んでたり、何か制作活動をしていたり・・・・でも、「ただいま♪」というとニコっと笑って手を振りながら「おかえり~~~」ってやってくれます(^^♪そんな長男くん、早くも夏休みの宿題にとりかかっております(笑)

箱の中に拾ってきた貝殻や使い終わった乾電池、短くなった鉛筆、折り紙、ペンで作られたこの作品(まだ途中ですけど)

ウチの子、やっぱり天才(笑)

そこにあるモノでいろいろ想像しながら組み立てて作っているようです(^^♪

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

先日、金縛りのご相談というか質問を頂きました(^^♪

 

金縛りって枕元にお化けが座っているとか、霊に上から乗っかられるとかいろいろ怖いイメージがあります。結論から言うと100%ってことはそもそも言えないのでアレですけど、まぁほぼ全て妄想、幻覚です。幻覚って超リアルですからね。

 

なぜそんなことがハッキリ言えるかといいますと、いろいろ勉強したら「そんなモンいる(実在する)わけない。」という結論に達するからですm(__)mそこら辺は説明すると長くなるので、過去ブログのどこかに書いた気もするし、探していただいて(笑)

 

で、僕も子どもの頃は金縛りにちょくちょくあっていた人でして、幽体離脱も経験済み、お化けや霊っぽいものもしっかりとこの目で見ております。いや、正確には目で見ているわけではなくて、脳で作り出した虚像を見ただけなんですけども。なので、「経験した人にしか分からない。」って部分ではキッチリ経験していますし、誰に頼ることもなく自力でそれを克服しておりますのでその方法をm(__)m

 

金縛りのメカニズムなんてーのを全部書くとそれだけでとんでもない量になるのでWikipediaを引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%B8%9B%E3%82%8A

 

金縛りって経験するとめっちゃ怖いし、この世のものとは思えない不思議な現象としたい気持ちは分かります。でも、調べれば僕たちの思っている以上に医学や科学って進歩しているようです。夢のない話かもしれませんけど(笑)

 

Wikipediaや他のサイトを見て頂いても分かる通り、つまりは【睡眠麻痺】なんですね。

 

霊やあり得ない物音が聞こえるってのは、睡眠麻痺を起こしている恐怖から過去にテレビや本で見た、もしくは人から聞いた話を記憶から可視化、可聴化(可聴化って言葉は聞いたことないけどなんとなく雰囲気で察してください(笑))しただけです。

 

幽体離脱や臨死体験、不思議なモノを見た・聞いたって話は世界中いろんなところであります。ただ、その見た・聞いたモノってのはその地域の文化にだいぶ偏るそうです。

 

例えば、日本のお化けは足がない。海外のお化けは足があってバッチリ靴も履いている。三途の川を見て向こうで死んだはずのおばあちゃんが「まだこっちに来ちゃダメ。」って言ってくれたって話もそう。三途の川という概念のない国の人は全く別の臨死体験をしているそうです。こんな話、テレビや漫画でめっちゃ言ってますよね。

 

お花畑とかひまわり畑とかもそう。その人がナニ人でどんな生き方をしてきたか、その人のイメージによってお化け、霊、臨死体験って変わってしまうんです。不思議ですよね。人種によって行く先は違うんでしょうか?アフリカ人の両親を持つ、日本育ちの子は死んだ時どこへ行くんでしょう?

 

服を着た霊ってどうなんですかね?500万歩譲って死んだ人が霊となって現れたとしましょう。(肉体を持たいモノがこの物理世界に実在するとしたら原子炉一個分のエネルギーでギュ!と抑え込まないと無理らしいのであり得ないんですけど。)その人はなんで裸じゃないんでしょう?その人のお気に入りの服を着てるんでしょうか?

 

「今日は化けてでてやるぞ~。あの人に会うからおしゃれしないと~♪」

 

とはならんでしょう(笑)服って何らかの素材を加工して出来てるわけですよね。お化けの世界でも洋服屋さんはあるんでしょうか?ま、そんな感じでツッコミどころが満載なわけです。これを読んでお化けや霊が怖かった人でも「あ、確かに。」と思えばもう怖くないし、見てしまっていた人でも見えなくなるので安心してくださいm(__)m

 

と、ここで僕が初めて金縛りにあってついでに幽体離脱したお話を。

 

中二の時・・・だったような気がする(笑)北海道へサッカーの試合に行きました。5泊だか6泊だかで。当時、関空が出来たばっかりだったので「飛行機に乗れる!」とテンションの上がった僕らの気持ちに反して監督はフェリーを選択(笑)片道30時間(笑)

 

しこたま試合をしました。最後の試合なんてガンバジュニアユースVSサンフレッチェジュニアユースで会場中が注目する中、僕は途中出場。出て2、3分で向こうの10番をぶっ飛ばしてイエローカードをもらった試合です(笑)その子、めちゃくちゃうまくてチームとして抑えられんかったもんで監督から「あいつを止めてこい」と出されたのにいきなりそのスピードに全くついて行けず(笑)「何しに行ったんだ?アイツ」という会場の視線を全身で感じた恥ずかしい思い出(笑)

 

その後、台風の中思いっきり揺らされ30時間。当時乗り物酔いがひどかった僕は何度吐いたか(笑)フラフラで帰宅した晩、初めて金縛り、幽体離脱を経験しました。

 

ホンマ、テレビで見たまんまの症状。パッと目が覚めて、身体が動かせず、ドンドン身体が重くなっていく・・・胸の上に重りでも乗せられたみたいでグーーーーーーーっとドンドン息が苦しくなっていく。怖くて目をギューーーっと閉じても目が見える。目を閉じているのに目の前に自分がいてこっちを見てる。目を開けても見えてる世界は全く同じ。さらにグーーーーーーっと圧迫されて息が出来なくて「く、苦しい!このままじゃ、死ぬ!!」と限界を越えた瞬間にフッと力が抜け、変な汗をかきながらハァ!ハァ!と。その直後のことは覚えてませんけど、その日以降しばしば金縛り、幽体離脱を経験しました。

 

初めて金縛り・幽体離脱をした翌朝、稲川淳二さんの怪談話を思い出しました。「金縛りにあってる中ぁぁぁ、ギューーーっと目を閉じてパッ!と目を開けると自分が目の前にいるんですねぇぇぇ。ほんと目の前に鼻が付くくらいの位置にいるんですけどぉぉぉ、なぜか全身がハッキリみえるんですねぇぇぇ。それが自分だと。不思議ですねぇぇぇ。」みたいな怪談話をしておられたんです。ホンマそんな感じでした。

 

稲川淳二さんの話は本当やった。

 

その日を境に寝るのが怖くなりました。目を閉じると自分がこっちを見ているビジュアルがハッキリ見えちゃうもんで。目を開けていると大丈夫なんですけど、目を閉じるとハッキリ見えるんですよ。それでも子ども。サッカーでしごかれて疲れているのもあってそのウチ寝ます。でも、金縛りと幽体離脱するんですよ。そりゃもう怖いのなんの。時には天井にくっついてる自分が寝ている自分を見ていることもありました。「うわ!このまま戻られへんかったらどうしよ!!」親にも言えず、ってか言ったところでどうしようもないですからね(笑)

 

でも、何度も経験していると、苦しくて死にそうにはなるんですけど、「あ、これ、苦しいけど死にゃしねぇな。」と気づいたんです(笑)で、だいたいグーーーーって息が苦しくなると慌ててどうにかしようとするんですよね。んで力んじゃって余計にグーーーーってなることに気が付きました。グーーーーーっと苦しくなった時にリラックスしてみたんです(笑)無理に抵抗するんじゃなくてそのまま流す感じ。したら息苦しくなるのが治りました。幽体離脱もシュッと戻ってお終い。それから金縛りも幽体離脱もなくなりました。大人になってから一回なりましたけど、「お?久しぶりやんけ。」と普通にリラックスすればそのまま終了。その時は怖いビジョンも幽体離脱もありませんでした。

 

で、大学生になった僕はある日、テレビ番組を見ました。確か「特命リサーチ200X」だったような・・・もしかしたら違うかもですけど。「心霊スポットに本当に霊はいるのか?」って検証してはったんです。で、その結論がこう。

 

「人は恐怖によって見たモノを勝手に変化させる。」

 

そこら辺の柄を見て「目、目、口に見えへん?」ってやったら家中顔だらけでしょ(笑)それを怖くて慌てていたら本当に霊に見えて自分で肉付けしちゃうんですよね。脳には補正する能力があるので。

 

例えば、日中誰かが車のフロントガラスに手で触れたとしましょう。その車に乗って気味の悪いトンネルに入ります。明るいところだと見えないその指紋がライトの加減でしっかりと見えてしまいます。それを見た人が「手だ!!」って言うと、それをキッカケに脳が恐怖でドンドン勝手に画像を作る。複数人だと恐怖は伝播するのでもう大騒ぎ。以上。

 

海外でもある女子高生がぶっ倒れたら次々にぶっ倒れたって話がありますよね。エクソシストさんが「悪霊のしわざだ!」なんて言ってますけど、特に思春期女子は周りに流されやすいので一人倒れたらバタバタ行くことだってあります。あんまり流されないタイプの子はなんともないです。だいたいこの手のは女性に多い。女性は共感しやすい生き物なので。もちろん、100%とは言いませんけども。

 

人の頭の中は電気信号だってのは大学生の僕でも知っていたので、「要は電気信号のトラブルなんだな。」ってことがなんとなく分かりました。

 

で、催眠を習った今、当時のことを思い出してよく分かります。金縛りにあってる時や幽体離脱をしていた時の状態、思いっきり催眠状態と同じ。金縛りや幽体離脱ってほとんどが自分で怖い催眠術をかけちゃってるだけです。

 

もし、なった時は、「これは幻覚。」「これで死ぬことはない。」「落ち着けばスッと楽になる。」「慌てればドンドン固くなる。」って思えばそれでオッケーです。慌てて呼吸をしようとするのではなく、ゆったり呼吸をしようとしてみてください。肩の力を抜く、腕の力を抜く・・・・と一つずつ頭の中で言いながら抜くのも良いと思います。

 

精神疾患の人がパニックを起こした時にやる「これは私の右手、これは私の右足・・・」みたいに自分の各部位をわざとゆっくり確認する作業をする。これで心と身体がバラバラになってる状態を落ち着かせることが出来ます。

 

なんでもそうですけど、慌てれば慌てるほど周りが見えなくなり、ドツボにハマります。

 

中学生当時の僕は思いっきり怖い思いをしましたが、どこか客観的に見てたんでしょう。たぶん。んで、どんなに痛くて辛くても自分でどうにかしようとしてたら何かしら工夫するもんです。親知らず抜いた時や膿胸という病気になった時、腹膜炎を起こした時なんかも痛くて痛くて死ぬかと思いましたけど、ろくに痛み止めも効かないもんで「どうやったらこの痛みを誤魔化せるか・・・」って工夫しました。

 

その時に工夫したやり方ってスキンドライブでキッチリ習います(笑)要は過去ブログにも書いてある「マイナスにフォーカスしない。」ってのと呼吸なんですけど。もちろん、僕が自力でやっていたヤツよりも教えてもらえる方がより強力ですけどね(^^♪

 

金縛りで悩んでる方、ありゃ自分で怖い催眠かけてるだけですからヤツが襲って来た時にゆったりとした気持ちでいてたらそのままスーーーッとどこかに行くのでご安心を(^^♪

 

そんな感じで6月10日(日)の午前10時~12時にスキンドライブ体験会、13時~15時まで【優しい動き】を久しぶりに開催したいと思いますm(__)m体験会はお茶・お菓子付きで3000円、【優しい動き】は5000円ですm(__)m場所は当院でm(__)m

 

大阪の基礎セミナーは7月のどこかで・・・・検討中っすm(__)m今なら会場の加減もありますけど、ご希望があれば日程のリクエストにお応えできる・・・かも?(笑)

 

その他、スキンドライブ情報はこちらm(__)m

セミナー情報

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40skindrive

 

DVDはこちら

http://chirobasic.co.jp/arai/launch/launch_0725.html?aKey=YkyHx6&dKey=#movie2

スキンドライブシステムの電子書籍はこちらm(__)m3年前に僕が書いた「マッサージ不要論」「セラピストが患者を作ってる」の問い合わせをいまだに頂きますm(__)mありがとうございますm(__)m今となってはもうそれよりこっちの方が良いのでこっちを購入して頂いてm(__)m
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E6%96%B0%E4%BA%95-%E6%B4%8B%E6%AC%A1-ebook/dp/B071CSDR27

 

第二弾

https://www.amazon.co.jp/dp/B07BHBGM2W/ref=tsm_1_fb_lk

 

【優しい動き】の本も出ました(^^♪

【優しい動き】の電子書籍を出版しました

 

 

 

 

 - スキンドライブシステム, 金縛り