メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

鏡の法則?

   

休日、珍しく家族4人で家に居ました。

 

次男(5歳)「(お手製のマイクを持って)今から人形劇が始まります!みなさんよろしいですか~??」

全員「・・・・・」

 

無視(笑)誰も返事をしない(笑)ちょっとした間があってみんなで大笑い(笑)

 

次男「おい!!みなさん!!!聞け!!!」

 

みんな「は~い♪(笑)」

 

次男「まだまだなのでお待ちくださいね♪」

 

どないやねん(笑)

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

今年に入って普通じゃあり得ない結果がバンバン出ております(^^♪

 

アトピーと診断されたお子さんがお母さんに連れてこられたのですが、パッと見た感じお子さんに問題あるわけではなくてお母さんの【状態】に問題があると判断したので小一時間ほどそのお子さんと僕が遊びながら片手間にお母さんに話をさせて頂きました。

 

したらば、そのままアトピーの症状がでなくなったそうです(笑)えぇ、施術してません(笑)

 

お母さん、娘、息子と三人で来られたご家族。許可を取ってないので症状は伏せますが、娘と息子を診てくれと。これもお子さんたちに問題があるんじゃなくてお母さんの【状態】に問題があったので頼まれもしてませんが、お母さんをおまけで施術。

 

したらば、彼らだけでなく、家にいるお父さんまで体調が良くなったそうです(笑)お父さんのずっと治らなかった症状があの日以来出ていないとメールを頂きました。

 

スキンドライブを学んで以降、こんなケースは今まで何度もあったんですが、こういった普通の整体ではありえないような結果の頻度が高い(^^♪

 

ウチで施術を受けていることを知らないはずのDV旦那がなぜか急に暴力を振るわなくなったとか、外ではいい子なのに家庭内暴力をする高校生の息子のお母さんがウチに来た帰り、突然何か月ぶりに「お母さん、お帰り。」と声をかけてくれたりとか、通っているスポーツジムで明らかに周りから無視されて浮いていたのが、いきなり声をかけられるようになったとか・・・・

 

あんまりこういったことは書かない方がいいのかなぁなんても思うわけですが、こういう一般的には深い悩みってのはあんまり人には言えんものですし、困ってる人はホンマ困ってるみたいなので「こんな可能性もありますよ。」って感じで見て頂ければm(__)m

 

「世の中、良い悪いはない。それをジャッジする人がいるだけ。」という人がいます。

 

確かに、その通りっちゃその通りなんですが、ダメなモンはダメやし、悪いもんは悪いです(笑)少なくとも僕はそう思います。いじめる方、いじめられる方で言えば圧倒的にいじめる方が悪いと思っています。

 

先日、歩道もない幅の狭い道路を僕が歩き、子ども二人が自転車で移動していました。次男がモタモタしているのを見ている間に、何台も信号待ちをしている車の横を長男がサッサと行こうとします。その中に、ランドクルーザーという大きな車がありました。この車を見て妙に嫌な予感がしたので長男にストップをかけました。あんな大きな車の横を抜けて前へ行ったら、信号が青になって追い抜かれる時に下手すりゃ接触する。死角も大きいですしね。ストップをかけられた長男はうまくすぐには止まれず、そのランクルを越えたあたりでストップ。

 

したら、思いっきりクラクションを鳴らしやがりました(^^;「ビーーーー!!ビーーーーー!!」と何度も。まだ信号待ちで車は動いてないのに。確かに長男がふらついて足をつきました。それは僕の声をかけるタイミングが悪かったせいもある。でも、車は止まってるんだから危険でもない。ただ、周りに歩いていた人がビックリして肩をすくめるほど大きな音を鳴らすようなことではない。僕的には運転する人間として小さな子が自転車に乗って前を走ってるのを追い抜くより、止まってる方がいい。

 

長男はその大きな音にビックリして大泣きしてしまいました。自転車ごと倒れこんで大泣き(^^;

 

そりゃ怖いよ・・・・大人がビックリするくらいの大きな音をすぐそばで訳も分からず、ず~っと鳴らされたんやから。身体の小さい子どもの耳元であんな音が鳴ったらそら恐怖以外なにものでもないでしょ(T_T)

 

泣く長男をなだめすかしてようやく移動を始めたらそのランクルが信号を曲がったところで止まっていました。長男が動けるようになるまでけっこうな時間かかりましたけど、まだ止まってました。ランクルさん、全然急ぐ移動でもなかったんですね~(^^;横を通った時に運転手が見えたんですが、この曇り空にゴリゴリのサングラスをしている僕とそない体格の変わらんひょろいおっさんでした。

 

昔の僕なら一言モノ申すところでしたが、特に腹が立ってるわけでもないし、言ったところでな~んの解決にもならないどころか嫌な気分にしかならないのが分かってるのでそのまま通り過ぎました。

 

長男と次男に「あんな車には近づかないよ~にね。」

 

と言いながら。

 

この文章を読んで一部の方は、「なんなん?そのおっさん!!」「小さな子ども相手に最低!!」「中途半端な悪ほど弱者に強がるんよね!」「まぶしくもないのにサングラスしてチョーシ乗ってるヤツなんて超絶弱いヤツやん。」「弱いヤツほど強がって大きな車に乗りたがる。」的なことを言ってくれるでしょう(笑)以前の僕なら言います(笑)ま、僕がチラっと見た時に恐らく目が合ったんでしょう、明らかに目をそらし、ソワソワしてキョドったのできっと「何か言われる?!」と思ったんでしょうね。僕、全然にらんでもないんですけど(笑)てか、そもそも僕が睨んだところで全然怖くないのに(笑)

 

この文章は僕発信、そして小さな子こどもが泣かされた。よっぽどのひねくれ者でない限りはこっちの味方をして、車の運転手を批判してくれると思います。

 

でも、今日のブログはそうしてほしいんじゃなくて・・・

 

子どもが大きな音でビックリして泣いたという結果(果)は、様々な原因(因)があったからです。この場合、どこまで遡るかにもよりますが、僕がそのタイミングで次男でなく長男を見ていたら?つまり、もっと早く止まるよう言っていたら?自転車に乗らせてなかったら?そもそもその場に居なかったら?

 

目的地へ行くにはその道路を通るしかないので仕方ないっちゃ仕方ないし、毎度毎度その道を通る時は言って聞かせています。それでもトラブルが起こる時は起こる。起こったことは運転手だけが悪いわけでもなく、子どもだけが悪いわけでもなく、僕だけが悪いわけでもなく・・・・・じゃ、誰が悪いの?って。

 

みんな悪いし、みんな悪くない。

 

そもそも、運転手さんも目が明るいのに弱くてサングラスをしていたのかもしれないし、車も自分が欲しくて買ったんじゃなくて借り物かもしれない。嫌々上司に買わされた車かもしれない。クラクションだって運転手さんが鳴らしたんじゃなくて助手席にお子さんが乗っていていたずらしたのかもしれない。あの時クラクションのなった本当の理由は僕にはわかりませんもんね。僕が想像で腹を立てても現実は違うかもしれない。

 

あ、今「因果関係」の話をしていますけど、毎日トイレ掃除したら(因)お金持ちになれる(果)とかいう話と一緒にしないでくださいね(笑)まぁ、最近は本来の因果関係とそれとは意味が全く違うんですけど、言ってる人も聞いてる人も「それでいいならいいか。」と思うようになってきて極論ど~でもよくなってきました(笑)本来は【直接】原因と結果が繋がっているモノを「因果関係」っていうんですけど、もしかしたらどこかで繋がってることもあるかもしれないし。

 

ここまでの理屈をこねて改めて。

 

僕的には、いじめる方、いじめられる方で言うと【いじめる方が悪い】と思ってますが、↑こういう視点で見ると、そういう意味でいじめられる方にも原因があるんですよね。原因なんて突き詰めて、突き詰めて・・・・ってやると最終「宇宙が始まったから。」というワケの分からん壮大な話になっちゃうんで、社会生活を営んでいく中で「どこで手を打つか・・・・」だと思います。

 

いろいろやりつくした結果、改善されないのであれば、学校なら転校してもいいし、会社なら転職したらいい。「そう簡単には・・・」というのは思い込みで意外とやってみたら簡単なものです。世の中、ほとんどが普通の人、凡人です。どの世界行ってもよっぽど特殊な世界でなければ凡人ばっかりですから。その凡人が生きてる社会なんでなんとかなります。ど~とでもなります。ならなかったらその世界は成り立ちませんから(^^♪優等生も劣等生も普通の人もみんなちゃんと生きてます(^^)/大変だと思うのは最初だけで、それもすぐ慣れます。

 

「逃げちゃダメだ!」って連発してるアニメの主人公がいましたけど、自然界の動物はみんな逃げるのが上手(^^)/そうでないとすぐ死んじゃいますからね(T_T)「逃げ癖がつく」とか言うの人間だけでしょ?たぶん。逃げて逃げてええところ見つけたらいいと思います。

 

ただ、自分の状態が良ければ、わざわざ逃げる必要もなくなってくるかもしれません。

 

冒頭の施術してないのにアトピーが改善したお子さん、家族の体調が良くなったから施術を受けていないのに調子良くなったお父さん、DVや家庭内暴力がなくなった患者さん、他にもたくさんいらっしゃいますけど、この方々はその場から逃げ出すことなく、ウチに関わってくださった方の【状態が変わった】から周りまで変わったんですよね。

 

鏡の法則なんて~のも一時流行ってましたが、イメージとしてはあんな感じでしょうか(^^♪

 

ただ、イメージの世界だけだとちぃ~っと弱い。

 

スキンドライブ創始者曰く、「イメージは最初のきっかけとしてはOKだけど、そればっかだと妄想が膨らむだけ。」

 

とあるスピ系の有名な方がおっしゃっているそうですが、「2うまく行って、8アカンかったら、8の方の目をつぶるのがスピだ。」と。トップの方はちゃんと分かってらっしゃるんですね。自分たちは現実の2割しか見てなくて8割を見ていないって言うことを。

 

だから、話しが合わなくて当たり前。だって見えてないんですもん。

 

ただ、違った視点で見ると、その2割で奇跡的なことが起きているのも事実。だから、僕個人としてはガッツリ否定はしないし、うまく使うのならばむしろオッケーだと思っています。あくまで「うまく使うのならば。」僕自身も元々スピ系の人間でしたから。

 

でも、やっぱり現実は見ないと。2とか8とか都合の良いところだけ見てたら成長できませんし、本当に困ってる人をどうにもできませんからね(T_T)

 

イメージの世界で出来ることも確かにあると思います。僕自身もそれをやってきて効果があったのも事実です。でも、実際のところは・・・です。

 

イメージの中、頭の中に存在するものを追いかけているとどうしても妄想、幻覚、幻聴を追いかけてしまいます。その人の頭の中だけの世界、その周りの騙されやすい人達だけの世界。その人達の頭の中に「存在」しているだけ。

 

僕たちは現実世界、この物理空間に生きています。僕たちの身体も患者さんの身体も物理的に「実在」しているモノです。やはり誰もが納得できる誰もが「実感」できる「実在」するモノを求めていかないと。

 

昔流行った「鏡の法則」で考えても、精神がキレイな鏡の状態だと、精神的な部分だけはもしかしたらキレイに反射させられるかもしれません。でも、身体は・・・・?

 

ってか、心と身体はイコールなんだから、精神だけがキレイな鏡の状態なんてありえないと思います。そう見せかけるのは可能ですが。精神を囲ってるのは身体ですしね。

 

物理的な身体をキレイな鏡【状態】にすると・・・・・長くなったのとあんまり書いたら怪しいのでドロン(笑)ようはいつも書いてる身体をちゃんとしましょうよって話です(笑)

 

ってことでセミナー募集

2月11日に大阪で応用があるのでそれに合わせて1月も基礎セミナーをすることになりましたm(__)m

 

1月21日(日)、午前10時~ほどほどに(笑)←早めに帰らないといけない方は、最低限お伝えしないといけない内容を17時までに詰め込みますm(__)m大丈夫な方は20時くらいまで(笑)なんなら僕は21時でもいいです(笑)場所はウチの店で(^^♪なので、復習参加ご希望の方はトイレ、風呂、キッチン、玄関、ベランダで参加可能です(笑)

 

あ、今回は狭いので申し訳ありませんが、新規の方はMax6名でm(__)m

 

あんまり煽るのは好きじゃないんですけど、大阪で応用が開催されるのは年に1回、多くて2回ですm(__)m東京は隔月で開催されるので行ける方は行って頂けたらと思いますが、大阪で受けたい方は次がいつになるか分からないのでぜひこの機会にm(__)m

 

2月3日は三重県四日市市に【体験会】【優しい動き】【施術会】をやりますm(__)m詳細は・・・どこやろ?分からないんで「てんてん農園」か僕に聞いてくださいm(__)m

 

お問合せはこちらm(__)m
info@iyasaka-shinkyu.com

フェイスブックをされている方はフェイスブックからメッセを頂けると連絡が取りやすいので助かりますm(__)mメールの方は迷惑メール設定とか確認しておいてくださいm(__)m特に携帯メールからの方m(__)m

北海道、仙台、東京のスキンドライブ情報はこちらm(__)m

セミナー情報

DVDはこちら

http://chirobasic.co.jp/arai/launch/launch_0725.html?aKey=YkyHx6&dKey=#movie2

スキンドライブシステムの電子書籍はこちらm(__)m3年前に僕が書いた「マッサージ不要論」「セラピストが患者を作ってる」の問い合わせをいまだに頂きますm(__)mありがとうございますm(__)m今となってはもうそれよりこっちの方が良いのでこっちを購入して頂いてm(__)m
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E6%96%B0%E4%BA%95-%E6%B4%8B%E6%AC%A1-ebook/dp/B071CSDR27

【優しい動き】の本も出ました(^^♪

【優しい動き】の電子書籍を出版しました

 - スキンドライブシステム, 鏡の法則