メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

肩の力が抜けない‥‥

   

次男(5歳)が帰宅したとうちゃんに突然注意しました。

 

次男「とうちゃん、子どもの手の届くところに火を置いたらあかんで!!」

とうちゃん「あ、はい(^^♪」

 

保育園へ消防士さんがお話に来てくれたそうです(^^)/

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

無駄な力が抜けないって人多いですね(^^;

 

もしかしたら仕方がないのかもしれません。生まれた時から「頑張っておっぱい吸って!」「もう少しで寝返る!頑張れ~!!」と頑張ることをずっと強制され、物心ついた頃には「逃げ癖がつく!」と嫌な習い事を辞めたくても辞めさせてくれない・・・

 

別に逃げてもいいじゃないですかね。ウチの長男、音楽教室に通いたいって言うんで行ってたんですが2~3か月で辞めました。通いだして1ヶ月くらいたってからかな?僕が初めて連れて行った時、場所の空気感も嫌だったんですが、先生とあいさつをした瞬間に「ここはアカン。」と思ったんです(^^;案の定、長男が教室へ行くたびに癇癪を起すから「行きたくないの?」と聞いたら泣きそうな顔で「うん。」と。

 

「音楽は好き?」と聞けば「うん。」、「あの場所が嫌?」と聞けば「うん。」、「先生は?」と聞けば「嫌。」

家でよく一緒に歌うし音楽が嫌いなんてことはないはずですからね。

 

じゃ、教室替えりゃいいやん。ってことでかあちゃんと相談して違う教室へ通うことになりました。そこへは僕が時間的に行けないので教室に行ったことも先生とご挨拶させてもらったこともないんですが、長男に「音楽教室楽しい?」と聞いたら「楽しいで♪」と。あのまま無理やり通わせていたら音楽が嫌いになっていたでしょうね。

 

僕が通っていた小学校の音楽の先生、凄いヒステリックに怒る人でした。ホンマしょ~もないことですぐキレるからこっちもふてくされるわけですよ。今なら「怒ってはるなぁ」ですけど、当時はこっちも小学生ですからね。怒られてる理由に納得いったら反省しますし謝りますけど、ただ機嫌が悪くて怒ってるだけの人に反省の態度なんかとれませんから。

 

ほしたら「音楽は音を楽しむって書くの!!!!もっと楽しみなさい!!!!!(怒)」って怒鳴るんやもん。楽しめるかよと(笑)当時を思い出すと、ただあのオバハンが嫌だっただけやのに「音楽が嫌い。」ってなってましたからね。音楽に罪はないのに不思議なもんです。先生のことが好きでその教科のことが好きになるなんてことを経験した人もたくさんいると思いますけど、あれと一緒ですね(^^)/あ、これを僕らの業界に当てはめると、ボキボキってやる治療、僕は嫌いですけど、それはいろいろ痛い目に合わされたからであってボキボキやる治療に罪はないですよ。僕が教わった人がただ下手くそだっただけで、本当に上手な人は痛くもないし悪化もさせませんから。

 

で、僕は長男に我慢することよりも音楽を楽しんでほしかったので、アッサリ辞めさせました。他に道があるんやもん。「逃げ癖がつく、辞め癖がつく」と僕の知らんところで言われたらしいですが、そんなもん知らねぇ。理不尽なことやどうしても耐えないといけないことはこれから大きくなって経験するんやから。長男はめっちゃ賢い子で「お兄ちゃん」ってだけで、こんな小さな身体で教えなくてもいろいろ空気を読んで、遠慮して、我慢してるんやからこれ以上負荷をかける意味が分からん・・・と僕は考えています。

 

今は逃げてもオッケー。道は一つじゃないってことを知ってほしいかなと。今のうちから可能性を狭めることはない。良いも悪いもいろいろ経験して「これだ!」ってのを見つけた時は勝手に没頭するでしょうし。そこに「逃げる」という選択肢はないでしょ。逃げる必要ないし。

 

ちょっと話を変えて、

 

先日、ある人が長男に言いました。ウチの子たちは僕を見て朝ごはんを食べなくなったんですけど、その話を聞いてこれ。

 

「頑張って起きて、頑張って朝ごはん食べて、頑張って学校行って、頑張って勉強せなあかんからな。だから、朝ごはんはしっかり頑張って食べなあかんで。」

 

これ、マジでこのまま言いましたからね(笑)一言ずつ両手のコブシを握るジェスチャー付きで(笑)「めっちゃ頑張るやん(笑)」って逆に笑いましたけど、言ってる本人はマジもマジ。長男のために言ってくれてます。口調は優しいんですけどね(^^;長男は露骨に嫌な顔してますし、いろいろツッコミたいんですけど、まぁ善意で言ってくれてるのであとで長男にフォローしときゃいいかって感じ。後で話したら長男も「分かってる。」と(笑)やっぱ賢い(笑)

 

だいぶ話が飛びました(笑)

 

ここまで極端な人は少ないと思うけど、肩の力が抜けないって人は大なり小なりこんなタイプの人が多いかな。

 

こだわりが強い。

自分の知っている常識が全てだと思い込んでる。

自分の思い通りにならないのが気に入らない。

人の話を聞かない。一応、聞いたフリはする。

権威性に弱い。(テレビや雑誌でいう事、教授の言うことが100%正しいと思ってる。その情報源がどこなのかは無視。っていうか気にすることすらしない。)

マイナス暗示が大好き(歳だから、どうせ私は、やっても出来ひん、「でも、だって、どうせ」その他・・・)

 

頭が固い人って身体も硬い。

 

「あの人より私の方が身体が柔らかいんですけど!」

 

と、無理矢理柔軟体操とかして人間の正常な可動域を越えてる人がアピールしてくるんですけど、そんな人はその柔らかさと僕らの言う柔らかさが違うってのが分からないくらい頭が固いってことにも気づかない(笑)可動域の限界を越えるほど使えば壊れるのはちょっと頭を使って頂ければ分かると思うんですけども(^^;

 

で、その硬いのをなんとかするために「まずは土台となる身体を緩めましょう」っことでいろいろやるんですけど、今の僕の能力ではココまで固まってる人を導くのは難しい・・・・・

 

と思ってたんです。数か月前まで(笑)

 

一般的な治療家さんだったらたぶん分かってくれると思うんですけど、なかなか治らない人って言う事聞きませんよね。「聞いてる!言われた事やってる!」って言うけど、全然違うことをやってくれますし、「それは負担になるからダメ。」って言ったことを平気でやってくれますよね(笑)

 

いや、だから・・・・

 

って人をなんとかするにはやっぱこっちの世界に引きずり込まないといけないんですよね。それをするのがスキンドライブなんですけど・・・・

 

正直、ウチに来てくださってる方の中でも全然良くならないって人はやっぱりいてるんです。大半の方が良くなってくれるけど、やっぱりまだ自分の力不足で導けない人がいますm(__)m

 

今の自分のスキンドライブ能力では【まだ】無理だな・・・と思って人にやってるのがコレ。

 

微弱電流を頭に当てる。

 

いやらしい話、ウチにはそこそこ高額な微弱電流の治療器があります。この治療器で出来ることは全部自分の手技で出来るわ・・・なんて偉そうなことをぬかしていた時期もありましたが、やっぱり物理的に使えるもんは使っちゃえと(笑)

 

効果あるがな(笑)めっちゃ効いたがな(笑)

 

微弱電流って体内に流れている電流と同じなんでされている方は何も感じないんですけど、こりゃ、、、もう、、、手に負えん、、、って人に使うとめっちゃ効果が出ます。ちなみにこの使い方はメーカーさんに教えてもらったわけではなく、ある患者さんを施術させて頂いていて

 

「ん~、全然治らんぞ~ど~しよっかな~、なんかないかな~」

 

で閃いた方法です。モードやインテンシティはその場で決めます。なのでマニュアルはありません。

 

恥を忍んで能力の低さをぶっちゃけちゃってますけど、そんなしょ~もないプライドなんて患者さんには一ミリも役に立たないし、僕は今の実力を認識できない人は成長出来ないと思い込んでるのでそれでええかなと。伸びシロしかないぞと(笑)

 

どうしようもない患者さんをどうにか出来るって認識したので、今後治療器に頼らずとも出来るようになりゃいいだけですし(^^)/効く理屈はスキンドライブで分かってるんだからそこへ行くだけ。答えを教えてもらってるんだからあとはそこへ行くだけ。

 

普通の人が肩の力を抜けるようにするにはスキンドライブ創始者のブログを読んで頂ければm(__)m自力でどうしようもない人には施術を受けてもらって、それでもどうしようもない人はウチだとこんな方法を取りますよって強烈な宣伝ブログでしたm(__)m

 

効果がないのはスキンドライブがダメなんじゃなくて、術者の能力が【まだ】足りないだけ(T_T)だから、日々鍛錬が必要ですし、同じ勉強をしてるメンバーで切磋琢磨しましょう(^^♪争うんじゃなくてね(^^)/

 

そ~いや、僕がスキンドライブ創始者と出会って3年、かなりの人がスキンドライブを学ばれましたけど、変に裏切ってモメて辞めて似たような協会とか団体を作ってる人いないでしょ?治療業界の組織ってけっこうそうなりがちですけど・・・っていうかそんなんばっかりですけど、そうならないのは・・・・そういうことでしょうね~

 

大阪でのスキンドライブ基礎セミナーは12月23日ですm(__)m

 

お問合せはこちらm(__)m

info@iyasaka-shinkyu.com

 

フェイスブックをされている方はフェイスブックからメッセを頂けると連絡が取りやすいので助かりますm(__)mメールの方は迷惑メール設定とか確認しておいてくださいm(__)m特に携帯メールからの方m(__)m

 

北海道、仙台、東京のスキンドライブ情報はこちらm(__)m

http://skin-drive.com/seminar

 

DVDはこちら

http://chirobasic.co.jp/arai/launch/launch_0725.html?aKey=YkyHx6&dKey=#movie2

 

スキンドライブシステムの電子書籍はこちらm(__)m3年前に僕が書いた「マッサージ不要論」「セラピストが患者を作ってる」の問い合わせをいまだに頂きますm(__)mありがとうございますm(__)m今となってはもうそれよりこっちの方が良いのでこっちを購入して頂いてm(__)m

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E6%96%B0%E4%BA%95-%E6%B4%8B%E6%AC%A1-ebook/dp/B071CSDR27

 

【優しい動き】の本も出ました(^^♪

http://seitaismile.com/?p=2084

 

 - スキンドライブシステム, 日常