メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

闘いの果て・・・

   

テーブルの上に消しゴムが置いてありました。

 

とうちゃん「消しゴム出した人は片づけてよ~。」

長男(7歳)「は~い(^^♪」

かあちゃん「イレイサーでキレイさ~」

とうちゃん、長男、次男「・・・・・・」

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

子ども達がウルトラマンにハマっています。テレビは見せてないのでよく知りませんが、近所のアリオ鳳で開催されるウルトラマンショーでハマりました。たまには動画も見せてあげようかな?とユーチューブで5分くらいのをちょくちょく見せるようになってからそれまで全然やらなかった闘いごっこをやるようになりました(^^♪

 

ウルトラマンと怪獣で演じ分けする時もあれば、二人とも怪獣の時もあります(笑)いつも話し合いなし、脚本もなしのアドリブで闘いがスタート(^^♪昨夜も僕の目の前でショーが始まりました(^^)/今回は「チョンマゲさんに見せて欲しい!」とのリクエストで動画を撮影(笑)※チョンマゲさんとは「いつもふざけたモノを送ってくる愉快なおじさん」と認識されているスキンドライブ創始者のことです(笑)

 

自然に闘いが始まり、お互いがパンチだキックだと繰り出すとやられた方はちゃんとやられます(笑)ゲラゲラ楽しそうに派手にやられます(笑)長男が次男を逆さに持ち上げたりと、見てたらちょっと危険なこともするんですが、次男は兄を信用してるのかゲラゲラ笑いながらやられております(笑)危険なことでも「これならちょっとケガする程度やな。」と思ったら僕も笑って見てます(^^)/ていうか、ちゃんとそこら辺も理解してやってるので「あかん!危ない!!」と介入することはほぼありません。彼らはお互いが痛くないようにやり合います。

 

患者さんやセミナー受講生さんの悩みを聞いてると、みんな自分の正義を剥き出しにして闘ってますね(^^;相手を痛めつけるために闘ってる。相手を傷つけて自分も傷つく闘い方。辛いでしょ(^^;僕も20代、30代前半でそれを散々やってきたのでもういいです(^^;みんな、子どもの闘いごっこのようにお互いがお互いを認め合ってやり合ったら楽しいのになぁって思いながら鑑賞しておりました(笑)

 

ちなみにこの闘いは次男の必殺技に長男がやられて終了となりました(^^)/長男がしっかり強く育ってくれてるなと(^^♪

 

「負ける強さを教えてあげてください( ̄▽ ̄)」

「負けず嫌いとは、弱いか負けるのが怖いだけのことで、本当に強い人は負けることが出来るんだぞ( ̄▽ ̄)」

「それがプロレスの仕組みだ!( ̄▽ ̄)」

 

最後の一言はちょっと置いといて、誰が言ったのかも置いといて(笑)←身内にしかウケない(笑)

まだまだチビっ子で思い通りにならないとすぐスネるけど、自分より弱い次男に対して負けてやる強さを身につけ始めた長男の成長がとても頼もしく思えました(^^♪

 

そんな子どもたちが寝静まったあと、お風呂に行こうと思ったら嫁さんに何度も何度も注意してることをまたやらかしてやがりました(笑)キツく言っても優しく言っても何度言ってもダメなら面白くするしかないですよね(笑)いや、やらかすって言っても全然大したことじゃないんですよ。「それくらい黙ってやってやれよ・・・」ってくらいどうでもいいレベルですが、僕がやるのめんどくさいんです(笑)

 

すでに寝ている嫁さんにそのやらかしている写真と共に「お掃除させて頂きありがとうございます(笑)」と嫌味全開でLINEしました(笑)すると、早朝僕が寝ている間に絵文字もスタンプもなく「ありがとうございました」と返事がありました(笑)「業務連絡かよ!」とツッコミを入れたいところですが、その後本当に業務連絡のようなLINEが来てたのでそのままその話題はおしまい。またやらかしたらまた別のアプローチをするだけ(笑)

 

グチグチ言ったところでお互い嫌な気分になるだけですからね(^^;言ってダメなら諦めてネタにしろと(笑)

 

誰でも、気を付けていても癖みたいにどうしてもやっちゃうことはあると思いますm(__)m僕なんかはよく「電気つけっぱなし」「冷蔵庫を最後まで締めない」のでよく怒られます(笑)その時は全力で謝りますが、その前に絶対しょ~もない言い訳しますし、その全力さがどうしてもふざけているようにしか見えないようです(笑)

 

「それくらいのことでヤーヤー言うなよ。」

 

とも言います(笑)自分はヤーヤー言うくせに(笑)これも本気でイライラしながら言うとケンカになりますよね(^^;

 

やり合う時は、子どもの闘いごっこのように楽しくやりあってみてはいかがでしょうか(笑)闘いが終わった後も素敵な笑顔になれますよ(^^♪闘い終えた二人に父ちゃんから「ナイスファイト」とねぎらいの言葉と熱烈な抱擁とチューが送られて次男はめっちゃ喜んでました(笑)長男は逃げてましたけど(笑)

 

そんな「負ける美学」を学ぶスキンドライブ基礎セミナーが今週日曜日に中野で(^^)/創始者が改めて「基礎の重要性」を再認識したそうです(^^)/いや、3年前、僕はその基礎セミナーのとっかかりを聞いただけでかなりの衝撃を受けましたし、それ以降いろんな本やDVDを買ったり、話を聞きに行ったりしましたが、知れば知るほどジャンルを問わず「スキンドライブが全てを包括している。」と感じます。似たようなことを言ってるところもありますが、そのソースとなる部分が・・・ってやると批判っぽくなるのでパス(笑)それはそれでみんながええ感じならばオッケーですしm(__)m騙すようなものや、恐怖で煽ったり、マイナス暗示をガンガンにかけていくようなものでない限り(^^)/

 

創始者にとっては当たり前のこと過ぎて、どうってことないかもしれないけど、多少知った人から見ればそのとんでもなさが分かる。たぶん、僕らがもっと理解して教わったことを拾えるようになったら基礎の基礎の部分でも違ってくると思います。でも、感覚の鈍すぎる人や何も知らない人からしたら違いが分からない(^^;普通はこの感覚の鈍すぎる人や何も知らない人は放置プレイですが、その感覚を磨く・学ぶ機会を何度も復習無料で参加できるセミナーって他に・・・・って最近そういうのをチラホラみるようになったのであるんですけど、そういうところは【感覚】ではなくて【知覚】を磨くところばっかりです。【感覚】と【知覚】の違いを理解していれば募集要項なり、創始者や講師の言ってることを見れば分かりますm(__)m

 

ほら、やっぱり批判っぽくなる(^^;でも、事実なんで(^^;ちょっと偉くなるとダレカレ構わず批判するような人がいますけど、ウチの創始者はちゃんとしてる人は全然批判しませんし、むしろ自分のことを置いといておススメしてくれます。自分のことを差し置いておススメ出来るようなまともな人が有名な人にいないということでしょうね(^^;うん、どうしても余計な嫌味を入れてしまうこの性格(笑)

 

大阪でのセミナーは12月23日ですm(__)m

 

お問合せはこちらm(__)m

info@iyasaka-shinkyu.com

 

フェイスブックをされている方はフェイスブックからメッセを頂けると連絡が取りやすいので助かりますm(__)mメールの方は迷惑メール設定とか確認しておいてくださいm(__)m特に携帯メールからの方m(__)m

 

北海道、仙台、東京のスキンドライブ情報はこちらm(__)m

http://skin-drive.com/seminar

 

DVDはこちら

http://chirobasic.co.jp/arai/launch/launch_0725.html?aKey=YkyHx6&dKey=#movie2

 

スキンドライブシステムの電子書籍はこちらm(__)m3年前に僕が書いた「マッサージ不要論」「セラピストが患者を作ってる」の問い合わせをいまだに頂きますm(__)mありがとうございますm(__)m今となってはもうそれよりこっちの方が良いのでこっちを購入して頂いてm(__)m

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E6%96%B0%E4%BA%95-%E6%B4%8B%E6%AC%A1-ebook/dp/B071CSDR27

 

【優しい動き】の本も出ました(^^♪

http://seitaismile.com/?p=2084

 

 

 

 

 

 - スキンドライブシステム, 負ける強さ