メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

先生ってゴッドハンドになったの??

   

帰宅したらチビ二人がクリスマス感丸出しの冊子を嬉しそうに見ていました。おもちゃがいっぱい載ってるチラシ・・・というよりは冊子(笑)こんな立派な冊子を作るなんて売る方も大変ですね(^^;

 

長男(7歳)「サンタさんにこれお願いしたい!!」

次男(5歳)「サンタさんにこれお願いする!!」

とうちゃん「サンタさんにお願いしたものをもらえるかは分からへんで?」

長男・次男「なんで~?」

とうちゃん「なんでやと思う??」

次男「あぁ、サンタさん、おじいちゃんやしなぁ。」

長男「違うわ!!世界中の子どものところへ行くから用意するの大変やねん!」

 

次男が「おじいさんやしボケてはるねん・・・」的な言い方をしたのがウケました(笑)子どもに「なんでやと思う?」と問いかけて一緒に考えるといつも楽しい返事が返ってくるし、その返事からまたいろいろ話が広がるので会話も弾みます♪

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

昨日、患者さんが入ってくるなり言いました。

 

患者さん「先生の手ってゴッドハンドなん?!」

僕「普通の手ですよ、ほら(笑)」

 

前回の施術から劇的に改善されたのを喜んでくださったようで(^^♪

 

この方、なんと13年前に僕が働いていた整骨院の患者さんです(^^)/そして、たまたま娘さんが次男の通う保育園で同じクラス(笑)いや、保育園でお見かけした時に「あ、この人絶対昔の患者さんや・・・」と思ったんですけど、そういうのを言われるのが嫌な方もいらっしゃるので知らんフリをしてたんです。でも、先日ウチの評判を聞いて来てくださった時に聞きました。

 

僕「昔、〇〇〇整骨院に通ってはりましたよね?」

患者さん「うん、通ってた。」

僕「背の高い院長ともう一人若いのいたでしょ?」

患者さん「おった、おった。」

僕「それ、僕(笑)」

患者さん「あーーー!!突然辞めた若い先生おった!!」

 

はい、当時アトピーが強烈に悪化し、我慢に我慢を重ねて身体も心も壊れました。「お世話になってる院長に迷惑をかけたくない。」と我慢して頑張り続け、日常生活も辛くなり、1ヶ月ほどお休みを頂くことになりました。「大丈夫!!」と無理して我慢した結果、思いっきり迷惑をかけてしまいました。休むことになっても出来るだけ何かの役に立ちたいと、毎日朝起きてご飯を食べて、一日中ネットサーフィンして、院長の仕事が終わる頃に行って後片付けを手伝って帰るという日々・・・(^^;終わるのが21時なのか、23時なのか日によって違うので受付さんに電話して「何時くらいに終わりそうですか?」って聞いてそれに合わせて行ってました。

 

だいぶ落ち着いたので1日復帰したら、1ヶ月かけてマシになった症状がその1日でものの見事に悪化し、その場で退職という形になりました。だから、患者さんにもご挨拶も出来なかったんです(T_T)ど素人から3年経って鍼灸の資格を取り、「これから!」って時に辞められるのは雇う側としては厳しい・・・院長からすれば「なんやねん・・・」ですm(__)m患者さんに挨拶するためだけに1日中おられても邪魔やという雰囲気をビンビンに感じました(^^;実際、自分で辞めたのかクビになったのか曖昧な感じでした。僕もアトピー関係なく、諸々の事情で辞めたいと思ってましたし(^^;てか、当時の僕は完全に病んでましたので「もう、どうでもいいや。。。。」ってのが強かったかな(T_T)今思えば非常に申し訳ない事をしましたm(__)m

 

精神的に参ってる人間ってのは、なんともない人からしたら「人として信じられないこと。」でも平気でするもんです。まぁ、今思うのは「それもタダの言い訳。」で自分が弱かったなと。解決する方法はいくつもあったのにそれに気づかなかった自分の選択ミス。それを教えてくれる人と付き合っていなかった自分の選択ミス。当時の僕にも絶対いたはずなんですよね、そういう人が周りに。見えなくなっちゃってたのか見ようとしなかったのか。世界で一番不幸な気持ちになってる人ってのはそんなもんかなと。

 

で、その患者さんが僕のことを思い出してくれて初診時に

 

「当時は普通の整骨院の先生やったけど、今雰囲気から何から違うよね。」

 

と。そりゃこんな変わったカッコしてるし10年以上経ってんだから違うのは当たり前っちゃ当たり前なんですけど、それ以上を感じでもらえたようです。「当時はホンマに若かったけど、今の方が若々しいね。」とも言って頂きました。写真を見れば今の方が確実に老けてるけど、やっぱり元気な雰囲気が若く見せてるようです(^^♪

 

で、許可を取ってないので症状は内緒にしておいて初診、2回目、3回目で劇的に改善。炎症性のモノでその症状は以前から何度かやってるらしいんですが、いつも毎日整骨院に通っても3週間は全く症状が改善されなかったらしいです。それが、3日目でほぼ症状がゼロになったと。

 

それで冒頭の一言。「先生の手って・・・」のくだり。

 

「前の治った期間を知ってるからこの期間で治るのはありえへん。しかも、何をしてるわけでもないのに意味わからん!」と(笑)

 

いや、施術してるから(笑)

 

ゴッドハンド!って自分で言ってる人も、言われて調子乗ってる人も嫌いなんですけど、まぁ、褒められて嫌な気はしません(笑)でも、まぁそこら辺の整骨院や整体院と一緒にされては困ります(笑)だって、偉そうにセミナーなんかやっちゃってるんですからね(^^;ただ、これくらいのことは僕の周りの先生なら僕みたいに2回もかけなくても良くしちゃう人はいっぱいいます。

 

実際、来た時は本当にめちゃくちゃ悪かったんですけど、一回で全部症状が取れなくて「なんやねん。」とちょっと自分に不満でしたから(笑)その不満に思った部分がまだ未熟なところなんですけど(^^;

 

「あの時は普通の先生やったのにこの10年で何があったの?」

 

と言って頂けて久しぶりにけっこうテンションが上がりました(笑)サプライズの誕生日パーティよりも(笑)申し訳ない(笑)

 

当時、このまま経験を積んだと仮定して10年後の自分を想像し、絶望してこの業界をやめようと思ったんですよね。「このままじゃ、患者さんを治すどころか悪化させる。」「患者さんの身体の悩みを患者さんが気づかないうちに増やしてる。」「そもそもこのやり方だとやってる自分が体力的にしんどいし持たない。」「この環境じゃアトピーも治る気がしない。」

 

そうやってほぼ完全に腐ってた人間がここまで元気になりました(笑)あのまま腐って辞めていたら・・・もっと楽しい人生送ってたかもしれんけど(笑)今は今で楽しくさせて頂いておりますm(__)mたら、ればなんて妄想したところで楽しいのはその場の一瞬ですからね。

 

とにもかくにも、こうして成長した姿を患者さんに見てもらえて良かったっすm(__)m

 

僕の場合は凄く時間かかったし、まだまだ学ぶことだらけですけど、現時点の僕程度のレベルならスキンドライブを学べばサッと行けると思いますm(__)m見事なステマが決まったところでセミナー募集(^^♪

 

来週19日は東京中野で創始者による基礎セミナーがありますm(__)m僕も普通に受講生として参加させて頂きますm(__)mなので、12月にある僕の基礎セミナーもちょっと変えると思いますm(__)m

 

大阪での基礎セミナーは12月23日です。

 

お問合せはこちらm(__)m

info@iyasaka-shinkyu.com

 

フェイスブックをされている方はフェイスブックからメッセを頂けると連絡が取りやすいので助かりますm(__)mメールの方は迷惑メール設定とか確認しておいてくださいm(__)m特に携帯メールからの方m(__)m

 

北海道、仙台、東京のスキンドライブ情報はこちらm(__)m

http://skin-drive.com/seminar

 

DVDはこちら

http://chirobasic.co.jp/arai/launch/launch_0725.html?aKey=YkyHx6&dKey=#movie2

 

スキンドライブシステムの電子書籍はこちらm(__)m3年前に僕が書いた「マッサージ不要論」「セラピストが患者を作ってる」の問い合わせをいまだに頂きますm(__)mありがとうございますm(__)m今となってはもうそれよりこっちの方が良いのでこっちを購入して頂いてm(__)m

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E6%96%B0%E4%BA%95-%E6%B4%8B%E6%AC%A1-ebook/dp/B071CSDR27

 

【優しい動き】の本も出ました(^^♪

http://seitaismile.com/?p=2084

 - アトピー関係, スキンドライブシステム