メディカルサロンいやさかの院長ブログ

堺の治療院、メディカルサロンいやさかの院長ブログです。

*

子育ては大変・・・・

   

次男(5歳)が餃子の王将に入って突然叫びました。

 

次男「おぉ!将棋のタマ!!!」

とうちゃん「・・・・?」

長男7歳「将棋の【コマ】な!!」

 

 

あ、なるほど(笑)

 

******************************************************
ブログをご覧いただきましてありがとうございます<m(__)m>「メディカルサロンいやさか」の大畑です。

 

ここのところ、子育てネタがなかったせいもあるのか、ちょいちょい僕のブログを子育ての参考にしてくださってる方から「楽しみにしています!」とのお声を複数頂きましてm(__)m「あ、、、ん?これ、催促??」と感じることもしばしば(笑)この3日間たっぷりチビどもと一緒だったのでその事でも書こうかと思いますm(__)m

 

あまり子育てに参加しない父親は楽です(笑)自分の機嫌のいい時だけ面倒見て、ややこしい時は母親にパス。母親が食事のことを気にして「あれがダメ、これがダメ。晩御飯が食べれなくなるでしょ!!」と普段からめっちゃ気にしてるのに父親は「ママに内緒やで?」といとも簡単にお菓子やソフトクリームを買ってあげます(笑)

 

昨日、僕も「母ちゃんに内緒やで?」とソフトクリームを買ってあげました(笑)1個350円以上するので僕、長男、次男で1000円越える・・・恐ろしい(笑)家計を気にしない男親は「たまに。」やから買ってあげられるけど、いつも一緒にいる母親はちょっと大変ですよね。普段は子どもにせがまれても我慢させて、なだめすかして、なんとかやりくりしてるのにそれをアッサリ買ってやる父親(笑)そして、子どもは当然「話の分かる」父親になつく(笑)

 

「もう!!!!!」

 

そりゃ、そうなりますよね(^^;全てのママさんへダメオヤジ代表として謝らせて頂きますm(__)m

 

ごめんなさいm(__)m

 

ウチはかあちゃんもフルタイムでバリバリ働いているので休日は出来るだけ僕が子どもたちを見るようにしています。ウチは男二人なのでやっぱり僕と身体を動かしたり乱暴な遊びが好きなようで僕がいるとず~っと僕にくっついています。お出かけしようが、買い物に行こうがずっと足元をチョロチョロしています。

 

土曜日は、鞄が欲しくてちょろっと鞄屋さんに寄ったんです。子どもがまだ小さい時は良かったんですが、7歳・5歳ともなるとかなり文句を言います(笑)商品を見たくても子どもたちが気になって全然見れません。商品を両手に取ろうとしてもどっちかの手を子どもと繋いでいるから離そうとしても離してくれません。離れた・・・と思ったら売り物を無造作に触ろうとするので止めるのに気を使います(笑)簡単に倒れる展示の仕方をしているお店もありますからめっちゃ気を使います(^^;

 

「こっちを見てみようかな?」とちょっと高いところの商品を見たまま移動しようとすると足元にちっこい奴らがウロウロしてるので引っかかります(笑)いや、これ、ホンマにうっとーしぃです(笑)

 

「あれ見て。」「これ見て。」「見せて!」「それ何?」「これ何?」「聞いて!!!」「早く行こう!!」「たいくつ!!」

 

僕が僕の希望だけを考えて行動を起こそうとしたら物理的にも精神的にも子供たちは邪魔でしかありません(-_-メ)「1分で良いから黙ってろ。」と思うことでしょう(笑)一昨日はホンマに一瞬思った(笑)

 

まぁ、こうやって長い時間子どもと一緒にいるとイライラすることも多いです(笑)正直、かわいいばっかりではない。子どもが「やりたい!」というから並んでるのに「たいくつ」だの「まだ?」だのウジウジ言われたら「俺は並びたくもないのにお前らのために我慢して並んだってんねん!!黙って待ってろ!!」とキレたくもなります(笑)

 

ウチの子たちは基本的に放っておいてもよその子に迷惑をかけることがなく、ちゃんと口で言えば分かる子たちなのでまだなんとかなりますけど、(口で言えば分かるように育てているつもりです。)言うても聞かん子どもを育ててる親御さんはそりゃキレて抑えつけるしかないわなと(^^;

 

でも、こうやってイライラする時なんかはちょっと冷静になってみるとよく分かります。

 

【自分中心になってるな。】

 

と(^^;

 

「やってあげる。」「待ってあげる。」「買ってあげる。」基本的に上から目線とまではいかなくても「やってあげてるのに!」という気持ちが強い。普段からいろいろやってあげてるんやから「今はこっちの思い通りにしてよ。」って感じでしょうか。

 

その瞬間、瞬間を生きてる子どもたちにそれは通じません(笑)【無常】とはよ~言うたもんで常に状況は変わります。彼らはさっきは「良い」と思ってても今は「嫌」なんです。【今】相手をしてほしいんですよね。

 

ガキってめんどくせぇ(笑)

 

こんな時、イラつく自分をどうにかするには一度自分を捨ててみる(^^♪

 

「は?」ってなると思ますけど、とりあえず自分のことは置いといてください(笑)イラついてる自分を俯瞰的に見るもよし、深呼吸するもよし。ま、キレたところでどうにも解決しないことはご存知だと思います。だから世の中から争いが絶えないのであって。

 

「なんでこの子は今こうなんだろう?」

 

通常のコミュニケーションが取れない状態って相手は錯乱しております。これは大人でも子供でも。どう考えても理不尽なことをしてきやがる大人もいるでしょ?「そんな考え方でどうやって今まで生きてきたの?」って人いますよね。それってその人もずっとそんな状態で生きてるわけではなく、今冷静さを欠いているだけかもしれません。どれだけド正論言われてところで、後にも引けない状態だと、逆切れするか拗ねて逃げるしか道はなくなりますから(^^;

 

逃げ場をなくし、完膚なきまでに叩きのめして自分の優位さを誇示するのも気持ちいいかもしれませんけど、気持ちいいのは自分だけですよね(^^;少なくともみんなが幸せな道ではない。

 

「ここは一つ負けとくか。」

 

という気持ちを持ってみてはいかがかなと(^^♪

 

僕は子どもに対して「親だから」ってプライドを一切持ち合わせていないので、威厳も何もありません(笑)知らないこと、知っておくべきことはたまたま僕の方が彼らより知ってるから教えますけど、「教えてあげてる。」という意識は全くありません。知らないことを教えるのは当たり前。自分もそうやって教えてもらって今まで生きてることですし。

 

とりあえず、今冷静でない子どもに対して大人の体力・知力で押さえつけるのは得策ではないかなと。まずは彼らが冷静になれるようこっちが負ける。彼らの言うことをまずは受け入れる。すると、意外や意外、すんなりと事が進みます。

 

昨日も公園で遊んでいました。暗くなったし寒くなってきたし、「もう帰ろうか?」と聞いたら二人して大ブーイング(笑)

 

とうちゃん「まだ遊びたいんやな?」

長男・次男「うん!!!」

とうちゃん「何したい?」

長男「ボール遊び!」

次男「自転車!!」

 

なるほど。ボールは今手元にないから取りに帰ってまた出てくるとなると時間もかかるし、もっと暗くなるし、寒くなる。長男にそのことを普通に説明。次男へは「とうちゃんはココにおるから思いっきり自転車こいでき。」と好きなだけ自転車に乗らせてやる覚悟を決めました。長男へは「ボール遊びはまた今度にしてじゅん(弟)の後ろをついて転んだりしたら助けてあげてくれる?任せていい?」と聞くと二人ともあっさり了承してくれました。

 

で、「さ~て・・・寒い・・・どれだけ我慢せなアカンかな・・・」

 

と思ってたらモノの2、3分で帰ってきました(笑)

 

とうちゃん「もうええんか?」

次男「寒くなってきたから帰ろう!」

長男「お腹すいた!!」

 

公園でよく見る風景ですが、無理矢理帰ろうとすると駄々をこねますよね(^^;力づくで帰ろうとすると「ギャーギャー」叫んでいる子どもを見ます。ふっと冷静になって「じゃ、あと10分ね。」と時計の分からない頃からちゃんとコミュニケーションを取っているとちゃんと応えてくれます(^^♪ウチの子たちも時計が読めない頃からそうやってやってきた結果今があるかなと。

 

まずは訴えを聞く。それに対して案を出す。お互いが納得できるようにすればコミュニケーション成立です(^^♪

 

強引に自我を出すよりもよっぽど楽で思い通りに行きますのでお試しあれ(^^)/その際、冷静でないとコミュニケーションは成り立ちにくいのでまずは冷静に(^^♪

 

常に冷静でいる訓練をするセミナーはこちら(^^)/治療家さんもそうですけど、子育て世代のママさんたちに受けてもらいたいセミナーです♪

 

セミナーが大阪では12月23日。前回は台風の影響で「ギュッ!」と詰め込みましたが、11月に創始者のもとで基礎セミナーを久しぶり受けるので12月の分はちょっと盛りだくさんになるかも??僕が消化できなかったらやりませんけど(笑)

 

お問合せはこちらm(__)m

info@iyasaka-shinkyu.com

 

 

フェイスブックをされている方はフェイスブックからメッセを頂けると連絡が取りやすいので助かりますm(__)mメールの方は迷惑メール設定とか確認しておいてくださいm(__)m特に携帯メールからの方m(__)m

 

北海道、仙台、東京のスキンドライブ情報はこちらm(__)m

http://skin-drive.com/seminar

 

DVDはこちら

http://chirobasic.co.jp/arai/launch/launch_0725.html?aKey=YkyHx6&dKey=#movie2

 

スキンドライブシステムの電子書籍はこちらm(__)m3年前に僕が書いた「マッサージ不要論」「セラピストが患者を作ってる」の問い合わせをいまだに頂きますm(__)mありがとうございますm(__)m今となってはもうそれよりこっちの方が良いのでこっちを購入して頂いてm(__)m

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E6%96%B0%E4%BA%95-%E6%B4%8B%E6%AC%A1-ebook/dp/B071CSDR27

 

【優しい動き】の本も出ました(^^♪

http://seitaismile.com/?p=2084

 

 

 

 

 - スキンドライブシステム, 子育て